ハイクノミカタ

木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】


木琴シロホンのきこゆる風も罌粟畠

岩田潔


さいきん公道でマスクをはずしてもよくなった。一年ほど家の外でマスクをしていただけで、はずしたとたんこんなにも街の匂いがどぎつく感じられるのか!と驚きながらほっつき歩いている。ガソリンの臭さも、レストランの匂いも、潮の香りも、なにもかも新鮮だ。そして匂いが身体にしみこんでくるのが、前よりありありと感じられる。

音もまた、耳だけでなく、肌につく。身体全体を包まれながら聴く音楽は、ヘッドフォンで聴く音楽と質がちがう。わたしは楽器のチューニングの音を聞くのが好きなのだけれど、それは肌のマッサージ効果があるからだ。いきなり本番の音に入られると、知らない人にいきなり触られたみたいな、恐れに似た違和感が起こることもある。

木琴(シロホン)のきこゆる風も罌粟畠  岩田潔

岩田潔というのは新興俳句を懐疑し、モダンからドラマツルギーを差し引いた知的な俳句をつくる人だけれど、ときどき日常の無意識がそのまま描かれたかのような句がある。掲句は木琴の聴覚性、風の触覚性、罌粟の視覚性が同時に読者を包みこみ、どこかしら非日常的な、SF的奇想を感じさせるところがいい。木琴を「シロホン」と読ませることで、罌粟の花の赤い色とのちょうどいいコントラストをつくり、さらにあの柔らかな音によって頭の中が一種恍惚的・無時間的な白さに支配された感じも醸し出している。

◆参考リンク【俳苑叢刊を読む】 第14回岩田潔『東風の枝』水平線と、雲と、そのほか。
https://weekly-haiku.blogspot.com/2017/04/14.html

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔38〕蟭螟の羽ばたきに空うごきけり    岡田一実
>>〔37〕1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章

>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 …
  2. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  3. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  4. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  5. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  6. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  7. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  8. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月…

おすすめ記事

  1. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  2. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  3. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  5. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  6. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  7. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  9. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  10. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 

Pickup記事

  1. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  2. 【冬の季語】日向ぼこ
  3. 【新年の季語】二日
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  5. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  6. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  7. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  8. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  9. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  10. 【冬の季語】雪達磨
PAGE TOP