ハイクノミカタ

刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】


刈草高く積み軍艦が見えなくなる

鴻巣又四郎


我が家では草刈のまっ最中。一年でいちばん忙しい季節である。

季語「草刈」は、牛馬の飼料、あるいは肥料にするために草を刈ること。これはおそらくすべての歳時記に共通する説明だろう。ただ、角川俳句歳時記・第五版には、「庭の雑草を刈ることではなく、農作業である」という一文が新たに加えられている(第四版にはなかった)。

意味を狭く限定したわけだが、庭の雑草を刈るということに季節感がないかといえばそんなことはなく、梅雨どきなど、家屋の周囲の草刈は大変な仕事なのではないかと思う。このような場面で「草刈」を使えないなら、何と言えばいいのだろうか。

さて、掲句。

刈草高く積み軍艦が見えなくなる 

掲句は昭和のころの草刈の風景。草を刈っては運び、運んでは積む。それを繰り返すたび、目の前の港に停泊している巨大な軍艦が少しずつ草に埋まっていくようにも見える。作者の軍艦に対する思いはわからないが、何かしらの不安感は感じていたのではないか。艦橋まですべて埋まったときには少しの安堵もあっただろう。

草刈という民衆の活計としての仕事と、軍艦の運行という国家の事業。鎌という小さな刃物と軍艦の巨大な砲。柔らかな牧草と堅牢な鋼鉄。草の緑と鋼板の黒。まだまだあろう。多くの点で鮮やかな対照を描き、重層的な作となっている。

現代俳句協会編「現代俳句歳時記」所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


【鈴木牛後のバックナンバー】
>>〔38〕青嵐神木もまた育ちゆく      遠藤由樹子
>>〔37〕夫いつか踊子草に跪く       都築まとむ
>>〔36〕でで虫の繰り出す肉に遅れをとる   飯島晴子
>>〔35〕干されたるシーツ帆となる五月晴    金子敦
>>〔34〕郭公や何処までゆかば人に逢はむ   臼田亜浪
>>〔33〕日が照つて厩出し前の草のいろ   鷲谷七菜子
>>〔32〕空のいろ水のいろ蝦夷延胡索     斎藤信義
>>〔31〕一臓器とも耕人の皺の首       谷口智行
>>〔30〕帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず   細谷源二
>>〔29〕他人とは自分のひとり残る雪     杉浦圭祐
>>〔28〕木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ  陽美保子
>>〔27〕彫り了へし墓抱き起す猫柳     久保田哲子
>>〔26〕雪解川暮らしの裏を流れけり     太田土男
>>〔25〕鉄橋を決意としたる雪解川      松山足羽
>>〔24〕つちふるや自動音声あかるくて  神楽坂リンダ
>>〔23〕取り除く土の山なす朧かな     駒木根淳子
>>〔22〕引越の最後に子猫仕舞ひけり      未来羽
>>〔21〕昼酒に喉焼く天皇誕生日       石川桂郎

>>〔20〕昨日より今日明るしと雪を掻く    木村敏男
>>〔19〕流氷は嘶きをもて迎ふべし      青山茂根
>>〔18〕節分の鬼に金棒てふ菓子も     後藤比奈夫
>>〔17〕ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く    かくた
>>〔16〕しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫
>>〔15〕極寒の寝るほかなくて寝鎮まる    西東三鬼
>>〔14〕牛日や駅弁を買いディスク買い   木村美智子
>>〔13〕牛乳の膜すくふ節季の金返らず   小野田兼子
>>〔12〕懐手蹼ありといつてみよ       石原吉郎
>>〔11〕白息の駿馬かくれもなき曠野     飯田龍太
>>〔10〕ストーブに貌が崩れていくやうな  岩淵喜代子
>>〔9〕印刷工枯野に風を増刷す        能城檀 
>>〔8〕馬孕む冬からまつの息赤く      粥川青猿
>>〔7〕馬小屋に馬の表札神無月       宮本郁江
>>〔6〕人の世に雪降る音の加はりし     伊藤玉枝
>>〔5〕真っ黒な鳥が物言う文化の日     出口善子
>>〔4〕啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々   水原秋桜子
>>〔3〕胸元に来し雪虫に胸与ふ      坂本タカ女
>>〔2〕糸電話古人の秋につながりぬ     攝津幸彦
>>〔1〕立ち枯れてあれはひまはりの魂魄   照屋眞理子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kifu-1024x512.png
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  2. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  3. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  4. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  5. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  6. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  7. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  8. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】

おすすめ記事

  1. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  2. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  3. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  4. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  5. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  6. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  7. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  8. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  9. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  10. 【冬の季語】追儺

Pickup記事

  1. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  2. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  3. 【春の季語】春めく
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  5. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  7. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  8. 【夏の季語】桐の花
  9. 【春の季語】愛の日
  10. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
PAGE TOP