ハイクノミカタ

妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一


妹に告げきて燃える海泳ぐ

郡山淳一
(『半獣神』(『俳句研究』昭和48年11月号内 第一回「五十句競作」応募作))

「燃える海」を比喩と読むのは容易だが、この句には燃え盛る水面を眼前に表出させる重みがある。妙に決意めく肉親への報告がそうさせるのか、動詞が3つ並ぶどこか拙い文体の所為か。人間らしさを超えて、人間の強固な意志や佇まいは詩的外景にも影響を及ぼす。

掲句の作者は郡山淳一。高柳重信の主導により『俳句研究』の誌上で行われた企画「五十句競作」の第一回入選者である。当時の応募作『半獣神』には、他に〈薄明に臥して水銀もてあそぶ〉〈雨季いたりみどり児の目にやどる飢ゑ〉〈林檎割くいきづく言葉噛み殺し〉〈左手で書くべしけものめく愛は〉などがあった。

当時22歳の学生であった彼は結社等に所属しておらず、本賞の受賞後4、5年で俳句の世界から離れてしまっている。重信による急進的な若手のプロデュースとその弊害という議題もあろうが、今日は「俳句をやめる」という事象のことを思う。

自分にも俳句を始めて3〜4年ごろまでは、俳句を「書く」「書かない」といった選択肢が確かにあった。そうした選択の余地はいつしか消失し、俳句そのもののことを考える時間が増えていった。この過程は、少なくない俳人に当てはまるのではないか、と思っている。

「俳句をやめる」あるいは「俳句から離れる」ということを思うとき、必ず浮かぶ名前がある。堀下翔である。

初めに断っておくと、僕は彼と面識がないし、あまり多くのことを知らない。ただ、彼を知る人がみな、示し合わせたように「彼はスターだった」「俳句界は惜しい人を失った」「彼の離別は俳句界にとって損失だった」と惜別の念を述べるのである。

Chromeから辿れる最後の記録は2019年2月9日に更新されたnote。彼の故郷である北海道の新聞や俳句賞についてのつれづれなる記録であった。

彼に関する情報は日々接する俳人たちから断片的に提供され、徐々に僕の中で(おそらく実態とは大きく異なった)人物像が形成されている。彼ほどの才覚ある人間がどうして俳句から離れるに至ったのか(こんな物言いもまた、バイアスにまみれているが)、彼が残したものはなんなのか、彼が再び俳句界に戻ってくることはあるのか。いつか同じ卓で酒を飲む日を妄想しながら、ときどき考える。幸いなことに、ビールはいつ誰と飲んでも、美味い。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔10〕すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
>>〔9〕性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實
>>〔8〕蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  2. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  3. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  4. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  5. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  6. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  7. ゴルファーを一擲したる雷雨かな 鈴木油山【季語=雷雨(夏)】
  8. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】

おすすめ記事

  1. 動かない方も温められている 芳賀博子
  2. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  3. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  4. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  5. 【夢の俳句】
  6. 【冬の季語】寒夕焼
  7. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  8. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  9. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  10. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)

Pickup記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】
  2. 【春の季語】白梅
  3. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  4. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】
  5. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  6. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  7. 【春の季語】立春
  8. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  9. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
PAGE TOP