ハイクノミカタ

すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市


すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる

阿部完市
『にもつは絵馬』昭和49年

先日、ライブに行った。
ポリフィア(Polyphia)というテキサスのバンドで、ジャンルとしてはプログレッシブ・メタルという分類になるらしい。フロントマンであるTim Henson(https://www.youtube.com/@TimHensonW6RST)に惚れ込んで衝動的にチケットをとってしまったが、すばらしいライブだった。

彼らはインストバンドであるため、ボーカルはいない。ボーカルのないライブが初めてだったのでどう振る舞えばいいのか困惑して臨んだところ、多くの観客が同様に困惑していたので安心した。

唯一残念だった点として、客席の不運があった。Zeppのスタンディングなので適当な位置に立って観覧するのだが、ちょうど自分の目の前にNBAばりの大男がいたのである。

見ての通りの大男である。2m近い彼の両サイドには、1.8mを超える側近も完備されている。

さらにこの大男、驚くべきことに、揺れるのである。ライブなので当然だが、縦に横にと恍惚としたそぶりで揺れまくる。自分を含む周辺の客は、彼の揺れと逆の方向に常に揺れることで山脈の隙間を見出すほかなかった。

すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる
阿部完市

ボーカルのない音楽に耳をゆだねている時、どこか既知の感覚を味わった。後から考えると、完市の俳句を読んだ時の感覚に近い気がした。逆に、完市の俳句が”プログレっぽい”と言ってもいい。

音の羅列、言葉の羅列に対して受け手の身体は一瞬硬直し、ただ流れ来る音を受け取るのみとなる。受け手を無力化し、思考の間隙を与えないままに音を流し込むという手法は一種の攻撃であるとさえ思う。ドラクエで言えば「ふしぎなおどり」「さそうおどり」、ポケモンなら「あやしいひかり」「さいみんじゅつ」といった類の。

どこか心地よいその無力感に浸ろうと、ライブの映像を見返すことがある。しかし自分が撮った映像にはどれも、例のNBA山脈が映り込んでいる。その度に、先ほどとは違った無力感を感じるのである。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔9〕性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實
>>〔8〕蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  2. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】…
  3. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  4. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  5. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  6. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  7. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  8. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  2. 【春の季語】蝶
  3. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】
  4. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  5. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  6. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  7. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  8. 【春の季語】蝶生る
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  10. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】

Pickup記事

  1. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  2. 【春の季語】啄木忌
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  4. 【春の季語】蜷
  5. 【冬の季語】師走
  6. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  7. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  8. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  9. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  10. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
PAGE TOP