ハイクノミカタ

性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實【季語=鮎(夏)】


性あらき郡上のを釣り上げて

飴山實
『飴山實全句集』平成15年

飴山は俳誌『風』からキャリアをスタートした俳人。農芸化学の研究者でもあり、山口大学の教授を務めていた。有名句に〈小鳥死に枯野よく透く籠のこる〉〈蚊を打つて我鬼忌に厠ひゞきけり〉などがある。

昭和30年代までの飴山俳句は兜太をはじめとする前衛系作家の影響を強く受けており、たとえば昭和36年の第9回現代俳句協会賞応募作『島』は〈起重機にいた貌を岸壁で陽に曝す〉〈海豚飼われ雑多な芥で皺む湾〉〈太陽へのぼる電工島枯れて〉といった句から成る連作であった(なお、受賞者は飴山との決戦を制した赤尾兜子)。

先ほど紹介した有名句はどちらも句集『少長集』(昭和46年)の収録句。この句集以降、飴山は芝不器男や安東次男の研究などをしつつ徐々に定型の練度を高めていく。

掲句は没後の2003年に編まれた『飴山實全句集』収録。「郡上鮎」としてブランド化もされている郡上の鮎釣りを詠んだ句だが、個人的にはいわゆる吟行句の域を出ない句であると感じた。郡上という固有名詞から読者が読み取れる情報は少なく、そもそもなぜ郡上の鮎が…え?この鮎を食ってみろって?急になんですか…いや、もちろんいただけるなら食べますよ、食べますけど…

パク

なんちゅうもんを食わせてくれたんや…
なんちゅうもんを…

こんな旨い鮎は食べたことない…
いや、そやない、何年か前に食べた記憶がある。
旨い、ほんま旨い…
これに比べると山岡さんの鮎はカスや。

郡上の澄んだ川やきらめく鮎の姿、塩焼きの香りが眼前に立ち現れてくる…
そうか…!俳句に必要なのは知識や技術なんかじゃなく、人を思う心だったんだ…

プルルル…

お疲れ様です。細村です。今から車で郡上八幡に行くので、明後日まで休暇をいただきます。はい。よろしくお願いします。…打ち合わせ?あ、リモートで参加します。川が近いので音が入りますが、よろしくお願いします。時間もありませんので、そろそろ失礼します。

ガチャ ツ-ツ-

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔8〕蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  2. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】…
  3. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  4. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)…
  5. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  6. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  7. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  8. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

おすすめ記事

  1. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  2. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  3. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  4. 【春の季語】雛あられ
  5. 【春の季語】蛇穴を出づ
  6. 【春の季語】春の夜
  7. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  9. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  10. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】

Pickup記事

  1. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】
  2. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  3. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  4. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  5. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  7. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  8. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  9. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  10. 【夏の季語】草いきれ
PAGE TOP