ハイクノミカタ

象の足しづかに上る重たさよ 島津亮


象の足しづかに上る重たさよ

島津亮
(『紅葉寺境内』昭和27年)

「なぜ俳句を書くのか?」と聞かれることがあるだろう。よくある質問だが、あまり好きな質問ではない。この類の問いは突き詰めると「なぜ生きるのか?」とすり替わってしまうこともあり、はっきり言って不毛、愚問であると思っている。

では、「なぜそういった俳句を書くのか?」としてみるとどうだろう。急に答え甲斐のある質問になったのではないか。俳句を書く理由は好き好きで構わないとしても、なぜ特定の志向性を持った俳句を書くのかという問いは俳句に対するスタンスを開示させるのに有効であろう。

訊かれてもないのに答えておくと、私はいわゆる「前衛俳句」の潮流とそれを動かした俳人たちの存在をかなり意識している。それは句作に限ったことではないし、また意識するといっても具体的な目標や野望があるわけでもないが、俳句にまつわることに意識を割く時、頭の中には常に彼らの存在がある。

問いを持ちかけた割に不明瞭な回答を済ませたところで、掲句。

象の足しづかに上る重たさよ
島津亮

島津亮は関西の前衛俳句を盛り上げたスターの一人で、『夜盗派』『縄』などを経て晩年は『海程』にも参加していた。掲句は第一句集『紅葉寺境内』の第一句目であり、彼が初めて作った作品であるとのこと。

無季の句ではあるが、象の動きを具に観察し、その質量や生命感を書き切らんとする熱量のある写生句である。言いかえれば、俳句の骨法に則って書かれているとも言える。島津は第二句集ごろまで、いわゆる「前衛」色の強くない俳人であった。有名句〈父酔ひて葬儀の花と共に倒る〉〈怒らぬから青野でしめる友の首〉もこの頃である。

ところが昭和31年ごろから関西で前衛俳句が盛り上がりを見せると、そのトップランナーとしてシュールレアリスムからの影響や兜太の「造型」理論を基にした作品を発表し始める。〈えつ〳〵泣く木のテーブルに生えた乳房〉〈僕らに届かぬ鍵がながれる指ひらく都市〉〈すてるあひるがプールでは死にきれぬかなあという〉〈〈シャガール〉ら鰭振り沈む七妖の藻の街角〉など、先ほどまでの島津とは別人とも思えるほど奇怪・難解な句が並んでいる。

句の評価については賛否あるが、やはり重要なのは彼が前例の少ない作風転換を果敢に行ったことだと思う。兜太を中心とした当時の「流れ」があったとはいえ、彼が「どうしてそういった俳句を書くのか」という問いに対して力強く答えを探そうとした俳人であることは明白である。

前衛俳句や無季俳句、あるいは前例のない形式を持った俳句というのはしばしば句会や勉強の場でイロモノ扱いされる。それは仕方がないし、問題だとも思ってはいないのだが、イロモノに対する興味・関心とその姿勢に対するリスペクトは忘れないように、と自戒をこめて呟いておきたい。次に何がイロモノとされるかなど、誰にもわからないのだから…

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)…
  2. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】
  3. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  4. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】…
  5. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(…
  6. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  7. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  8. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋…

おすすめ記事

  1. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  2. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  3. 【秋の季語】八月
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  5. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  7. 【冬の季語】毛糸玉
  8. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  9. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  10. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

Pickup記事

  1. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  2. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  4. 【春の季語】蜷
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  6. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  7. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  8. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  9. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  10. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
PAGE TOP