ハイクノミカタ

白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】


白馬の白き睫毛や霧深し

小澤青柚子

「白馬」と聞いて我々競馬ファンが思い出すのは、やはり桜花賞を制したソダシだろう。G1三勝だけでなく、ダートへの挑戦や騎手の乗り換えももあったが、方々で名馬と呼んで差し支えない結果を残した。

ソダシはそのルックスゆえ、多くの新規ファンを獲得した。加熱する人気の一方で、「ミーハーな馬」のレッテルを貼る人々がいたのも事実である。そうした多方面からの期待と冷評を一身に受けながらも成果を挙げたソダシの苦労は計り知れない。

掲句は小澤青柚子(せいゆうし)の満州での作品。渡辺白泉や阿部青鞋、三橋敏雄とともに古俳諧の研究などを通して俳句の行き先をひたむきに探った青柚子は、俳誌『風』の表紙や編集も務めた。

なお、掲句は昭和二十年三月十一日に戦地病院で亡くなった青柚子の辞世句であるという。

彼が昭和三十年代の俳壇を生きていたら…と、夢想せずにはいられない。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  2. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  3. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  4. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  5. 熟れ麦はほろびのひかり夕日また 石原舟月【季語=熟れ麦(夏)】
  6. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  7. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】…
  8. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  2. 【冬の季語】嚏(嚔)
  3. 【冬の季語】凩(木枯)
  4. 【冬の季語】立冬
  5. 【新年の季語】人日
  6. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  8. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  9. マンホール出て蝙蝠となる男 小浜杜子男【季語=蝙蝠(夏)】
  10. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  3. 【夏の季語】夏の夢
  4. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  5. 【春の季語】蝶
  6. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】
  7. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  9. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  10. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
PAGE TOP