ハイクノミカタ

かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】


かんぱちも乗せて離島の連絡船

西池みどり

島へ向かう一日数本の連絡船には、人以外の物資も載せられる。生活必需品にお酒やおもちゃ、誰かからの手紙だって運ばれることだろう。港で水揚げされたばかりの魚たちも、期せずして再び海上を旅するのである。

カンパチは夏の季語。程よく乗った脂とコリコリした食感が魅力の魚である。僕が昔住んでいた宮崎では「ニリ」と呼ばれていた。ブリやヒラマサと比べると淡白ながらもしっかりとブリ属特有のうまみがあり、刺身にすると抜群だ。

スーパーで見かけるのはほとんどが養殖ものだが、季語としてのカンパチはもちろん天然もののことである。天然の方がやや脂が少なく、よりシャキッとした食感が楽しめる。

五月五日はこどもの日。本当はこどもの日を詠んだ句を紹介したかったが、いい例句があまりにも見つけられなかった。孫がどうだ、大人がどうだ、老人がどうだ…どうしようもない句のオンパレードに困り果てていたところ、ある居酒屋から一件のメールが届いた。

「五月五日はこどもの日❗️鯉のぼりにちなんで、ご来店のお客様全員にカンパチのカマ焼きをサービス🐟」

とのことである。全然鯉のぼりにちなめてはいないが、祝日のあしらい方としてかなり粋だなと感心した。あいにくその酒場には行けないけど、今日は僕もどこかでカンパチを食べようと思った。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  2. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  3. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  4. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  5. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  6. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  7. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  8. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋刀魚
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年1月分】
  3. 【秋の季語】十六夜
  4. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  5. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】
  6. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  7. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  8. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  9. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  10. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月

Pickup記事

  1. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  2. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  3. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  4. 【夏の季語】田植
  5. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  6. 【冬の季語】大寒
  7. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  8. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  9. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
PAGE TOP