ハイクノミカタ

とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】


とび・からす息合わせ鳴く小六月

城取信平

小六月(ころくがつ)〉は、新暦の10月下旬から12月上旬にあたる、旧暦10月の異称。立冬をすぎてもすぐには厳しい寒さは訪れず、雨風が少なく、春を思わせる暖かい日和の続くところから小春ともいう。

ぴーひょろひょろ
かぁかぁかぁ

トンビ(鳶)とカラス(烏)。この特徴的な鳴き声を持つ、種類の違う鳥が、仲良く息を合わせて鳴いているように聞こえてくるという。そんな穏やかさが、初冬の陽光に溢れた日和にとてもよく合っている。

トンビの声は高い空から、カラスの声は、比較的、人に近い低い空から響き合い、空の深さが見えて来る。そして空の広さも。

ぴーひょろひょろ
かぁかぁかぁ

作者は、筆者の故郷でもある、信州伊那谷に住む。ここは長野県南部、西を木曽山脈に、東を赤石山脈に挟まれ、天竜川に沿って南北に伸びていて、谷、といえども、広い平坦部が多いため、伊那平(いなだいら)とも呼ばれる。

そのため、谷、という言葉からイメージされるだろう、その空より伊那谷の空はずっと広い。平坦部には、天竜川が形成した河岸段丘と呼ばれる、いくつかの段差面があり、段丘一つ登るたびに視界が開けてゆく。遠くの山並みと、その山並みが縁取る空が美しい。

ふと、この伊那谷をこよなく愛した俳人のことを思った。

江戸時代末期、突然伊那谷に現れた井上井月。後世には、その晩年の風態から「乞食井月」として知られる向きが強いが、書が上手く俳諧の道に長けていた井月は、当時、文化人として人々から歓迎された。その後約30年間、人々に、慶事や弔事に際して挨拶句を贈ったり、詩文を揮毫しては、酒食や宿、金銭などの接待を受けつつ、伊那谷を放浪し続けた末、66歳でこの世を去った。

井月も仰いだであろう、伊那谷の空。

何処(どこ)やらに(たづ)(こえ)きく(かすみ)かな 井上井月

明治20年3月10日(旧暦2月16日)、死の2時間前に、この句を書いたという。

「霞のなかどこやらから鶴の鳴声が聞こえてくるなあ」。彼の心に最期まで、伊那谷の空に響く鳥の声があった。

伊那谷に住み、伊那谷を詠み続ける作者の掲句に戻ろう。

とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平

掲句は、これから訪れる厳しい寒さを前に授かった束の間の暖かさを共有する、生き物たちへの親しみと慈しみの心に満ちている。

もう仙丈ヶ岳、木曽駒ヶ岳などの高峰は冠雪している頃だろう。

筆者は今、ニューヨークの空のもと、伊那谷の空、鳥たち、そして、伊那谷を愛する人たちに思いを馳せている。

俳句雑誌『みすゞ』2020年2月号所載。

*井上井月の没日、辞世の句、その意訳、については、北村皆雄箸『俳人井月』(岩波書店)より引いた。

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】…
  2. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  3. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  4. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  5. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  6. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  7. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  8. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】大寒
  2. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 【#21】中国大連の猫
  6. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  7. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  8. 【春の季語】沈丁花
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  10. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】

Pickup記事

  1. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  2. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月6日配信分】
  4. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  5. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  6. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  8. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  10. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
PAGE TOP