ハイクノミカタ

品川はみな鳥のような人たち 小野裕三


品川はみな鳥のような人たち()

小野裕三


「Which station in the Yamanote line do you think I like most? (山の手線の駅の中で一番好きなのはどこだと思う?)」

日本が好きで、何回も訪れているアメリカ人の友人が、そう聞いてきた。

 ぽぽな 「No idea. Which one? (わからないな。どこ?)」
 友人「Shinagawa!(品川!)」
 ぽぽな 「Why?(どうして?)」
 友人「Because its kanji characters are cool. It has 3 squares and 3 lines in it!(だって、見た目がいいから。四角が3つと線が3本でしょ!)」

なるほど、「品」は四角が3つで、「川」は、縦棒が3本。日本語を知らない人にとっては、文字の形がまず目に止まるのだろう。覚えやすい駅だと聞いて納得。他にもそう思っている人がいるかな、とネットで検索してみると、アメリカ人同士が「3 boxes and 3 lines(箱3つと線3本)」と呼んで、待ち合わせ場所によく使うという話題を見つけた。

そんな意外な面から、外国人にも有名な品川。江戸時代に整備された、日本橋を起点に伸びる五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の一つである、江戸幕府のあった江戸・日本橋から朝廷のあった京都・三条大橋まで続く東海道沿いの、53の宿場町、いわゆる東海道五十三次の一つとして栄えた。

品川、と聞くと旅の気分が立ち上がるのは宿場町としの歴史があるからだろう。

京都に向けて日本橋を出発して初めての宿場町が品川だ。日本橋からは2里(約8キロ)。交通手段の発達した現在と違い、自分の足だけが頼りの、遠い昔の旅人たちの心を思ってみる。おそらく、まずは一つめの宿場に辿り着けたことへの安堵と感謝、それと共に、心には旅への期待がみなぎっていて、体力はまだ十分あり、まだ疲れを知らぬ心と体は先に進みたくてしょうがない。ここで宿を取らずに次の川崎宿までの2里半(約10キロ)に歩を進めるかもしれない。

品川は、旅の初めの要所として、古来、そんな風のように軽やかなエネルギーを呼び込んできた場所なのではないか。SHI-NA-GA-WAと声にしても、SHIの響が風を思わせる。

旅の気分と、風のような軽やかなエネルギーを品川感というならば、それに満ち溢れる句といえば「にもつは絵馬風の品川すぎている 阿部完市」、そして掲句である。

 品川はみな鳥のような人たち

「春はあけぼの。」(「枕草子」清少納言)に見られるのと同じ、省略のきいた体言止めからくる読後の余韻。「しながわは/みなとりのような/ひとたち」の五・八・四の句跨りが生む浮遊感。飛翔を想起させる〈鳥のような人たち〉。全てが品川感。

〈品川はみな鳥のような人たち〉ならば、次の宿場町の「川崎は」、その次の「神奈川は」、その次の、、、と想像してみるのも楽しい。歌川広重による浮世絵木版画の連作『東海道五拾三次』さながらに。

そういえば、無季の句である。かつて芭蕉は、去来に「発句も四季のみならず、恋、旅、離別等、無季の句もありたきものなり」(「去来抄」向井去来)と語ったというが、掲句は旅の句として軽やかにある。

筆者にとっての品川は、何といっても東海道新幹線への乗換駅。次に〈鳥のような人たち〉の一人となるのが、そう、旅人になるのが楽しみだ。

『メキシコ料理店』(角川書店、2006)

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino



【月野ぽぽなのバックナンバー】
>>〔44〕直立の八月またも来りけり       小島健
>>〔43〕麻やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古
>>〔42〕麻服の鎖骨つめたし摩天楼      岩永佐保
>>〔41〕水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る    今井肖子
>>〔40〕みすずかる信濃は大き蛍籠     伊藤伊那男
>>〔39〕大空に自由謳歌す大花火       浅井聖子
>>〔38〕ぼんやりと夏至を過せり脹脛     佐藤鬼房
>>〔37〕こすれあく蓋もガラスの梅雨曇    上田信治
>>〔36〕吊皮のしづかな拳梅雨に入る     村上鞆彦
>>〔35〕遠くより風来て夏の海となる     飯田龍太
>>〔34〕指入れてそろりと海の霧を巻く    野崎憲子
>>〔33〕わが影を泉へおとし掬ひけり     木本隆行
>>〔32〕ゆく船に乗る金魚鉢その金魚     島田牙城
>>〔31〕武具飾る海をへだてて離れ住み    加藤耕子
>>〔30〕追ふ蝶と追はれる蝶と入れ替はる   岡田由季
>>〔29〕水の地球すこしはなれて春の月   正木ゆう子
>>〔28〕さまざまの事おもひ出す桜かな    松尾芭蕉
>>〔27〕春泥を帰りて猫の深眠り        藤嶋務
>>〔26〕にはとりのかたちに春の日のひかり  西原天気
>>〔25〕卒業の歌コピー機を掠めたる    宮本佳世乃
>>〔24〕クローバーや後髪割る風となり     不破博
>>〔23〕すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱   中村晋
>>〔22〕雛飾りつゝふと命惜しきかな     星野立子
>>〔21〕冴えかへるもののひとつに夜の鼻   加藤楸邨

>>〔20〕梅咲いて庭中に青鮫が来ている    金子兜太
>>〔19〕人垣に春節の龍起ち上がる      小路紫峡 
>>〔18〕胴ぶるひして立春の犬となる     鈴木石夫 
>>〔17〕底冷えを閉じ込めてある飴細工    仲田陽子
>>〔16〕天狼やアインシュタインの世紀果つ  有馬朗人
>>〔15〕マフラーの長きが散らす宇宙塵   佐怒賀正美
>>〔14〕米国のへそのあたりの去年今年    内村恭子
>>〔13〕極月の空青々と追ふものなし     金田咲子
>>〔12〕手袋を出て母の手となりにけり     仲寒蟬
>>〔11〕南天のはやくもつけし実のあまた   中川宋淵
>>〔10〕雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ    朗善千津
>>〔9〕冬銀河旅鞄より流れ出す       坂本宮尾 
>>〔8〕火種棒まつ赤に焼けて感謝祭     陽美保子
>>〔7〕鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ  三島ゆかり
>>〔6〕とび・からす息合わせ鳴く小六月   城取信平
>>〔5〕木の中に入れば木の陰秋惜しむ     大西朋
>>〔4〕真っ白な番つがいの蝶よ秋草に    木村丹乙
>>〔3〕おなじ長さの過去と未来よ星月夜  中村加津彦
>>〔2〕一番に押す停車釦天の川     こしのゆみこ
>>〔1〕つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】…
  2. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史…
  3. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  4. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  5. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  6. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  7. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  8. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】

おすすめ記事

  1. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  2. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  5. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 
  6. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  8. 【春の季語】うらら
  9. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  10. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】松納
  2. 【秋の季語】芋虫
  3. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  5. 【冬の季語】枯木
  6. 【毛の俳句】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  9. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
PAGE TOP