麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

麻服の鎖骨つめたし摩天楼()

岩永佐保


〈摩天楼〉は、英語のskyscraper(sky/空・天、scrape/こする、er/もの)、スカイスクレーパーの訳語で高層建築物、超高層ビルのことをいう。「摩」には「こする」という意味があり、〈摩天楼〉は、「天を()する」、つまり天をこするほど高い建物、となる。

2021年6月現在、世界で一番高いビルディングは、アラブ首長国連邦のドバイに建つブルジュ・ハリファ(828 m)であるが、超高層ビルの先駆けとなったのがアメリカであることや、〈摩天楼〉という言葉が、ニューヨークのビルを紹介するために使われたこともあるのだろう、〈摩天楼〉といえば、主にニューヨーク、マンハッタンのビル群をいうのが定番のようだ。

〈摩天楼〉といってすぐに思い浮かぶのは何だろう。高さ世界一を狙う超高層ビルの建設競争ブームの真っただ中の、1930年に完成した、クライスラービルディング(319m)、そしてその翌年に完成した、エンパイアステートビルディング(381m)だろうか。並み居る新しいビル群の中にあっても、アールデコ建築の両者の存在感は、今も大きい。エンパイステートビルディングのライトアップはシャープで美しいし、クライスラービルディングのスチール製の尖塔の造形美は格別で、その尖塔にうろこ状に配された三角形の窓窓が灯されたのを初めて見上げたときの感動は今も覚えている。

他にも忘れられないのは、二本のビルが並び、ツイン(双子)タワーとして知られていた、世界貿易センター。北側のノースタワー、ワン・ワールドトレードセンター(528m)は、1972年から73年まで世界で最も高く、2001年のアメリカ同時多発テロで崩壊するまで、ニューヨーク市で最も高かった。その後、2013年に、同名のワン・ワールドトレードセンター(541m)として再建され、再びアメリカで最も高いビルとなり今に至る。全面ガラス張りの水晶の結晶のような姿は、空の移ろいを映し美しい。

今こうしている間も、マンハッタンでは、このワン・ワールドトレードセンターのようなガラス張りのビルディングが、次々と建設されている。ハドソン川沿いの広域に進行中の都市再開発プロジェクト、ハドソン・ヤードのビル群や、セントラル・パーク付近に建設された、ペンシル(鉛筆)・タワーと呼ばれる細長いビル群、そして去年の9月にグランドセントラルターミナル横に完成したばかりの、ワン・ヴァンダービルト(427 m)など目白押し。ビルディングが建設の途中にも、文字通り天を「こすり」ながら丈を伸ばし、限りなく、と思えるほど、その数を増やすさまには驚くばかりだ。

さて、〈摩天楼〉の俳句といえば、「摩天楼より新緑がパセリほど 鷹羽狩行」が新緑との取り合わせにより〈摩天楼〉の存在感を見せて鮮やかだが、掲句は、繊細な身体感覚により〈摩天楼〉を描く秀句。

麻服の鎖骨つめたし摩天楼

〈摩天楼〉の並び立つ大都市は、アスファルトの道路や、コンクリートの建物が熱をため込むため起こる、ヒートアイランド現象により、気温が通常よりも高くなる。一方、建物内の冷房は強いため、建物の中と外との温度差が恐ろしいほど。

掲句は、省略の効いた詩的表現〈麻服の鎖骨〉が印象的。鎖骨の働きだろうか、〈麻服〉を着たその人の華奢な肩先首筋が見えてくる。

〈麻服〉は、「夏服」の傍題。通気性も良く熱を逃がすため、夏には欠かせないが、その装いで、〈摩天楼〉への出入りを続けていると体がその温度の変化に追いつかないことも。

ふと触れた鎖骨が冷たかったのかもしれない。それとも、鎖骨自体が冷たさを感じたのかもしれない。〈麻服の鎖骨つめたし〉が〈摩天楼〉と出会ったことで、そびえ立つ〈摩天楼〉を見上げるその人が見え、〈つめたし〉が身体感覚のみならず、心理的なつめたさ、ある種の憂いとしても響いてきて魅力的だ。

また、句中の言葉同士が絶妙に働き合い、句中の〈鎖骨を〉もつ(ぬし)の物語だけでなく、その物語の枠を超えたところから、掲句自体が語る声が聞こえてくるもの魅力だ。

たとえば、「麻」と、「麻」の部首を持つ「摩」とが呼び合い、衣類である〈麻服〉と、建築である〈摩天楼〉という、一見すると異質なものが、ともに人を包むもの、守るものとして浮かび上がってきたりする。

たとえば、〈鎖骨〉の「骨」の文字が、人も〈摩天楼〉も、共に構造物であることを想起させ、有機の構造物としての小さな人間と、その人間が創り上げた無機の構造物としての巨大な〈摩天楼〉との、目眩するほどのコントラストが見えてきたりする。

麻服の鎖骨つめたし摩天楼

読み返すたびに、「麻」「服」「鎖」「骨」「摩」「天」「楼」の文字同士が、〈つめたし〉の感覚のもと、読む者の心の深いところで、響き合い、たとえば、強く惹かれながらも厭うような人の相反した心情や、形あるものの存在の儚さとそれゆえの美しさなどを、そこはかとなく、伝えてくる。

これら重層的な味わいが何回も筆者を掲句に呼び戻すことだろう。

さて、そろそろ散歩にでかけよう。今日はもちろん、〈摩天楼〉の只中へ。

『迦音』(角川書店、2012年)

*摩天楼については以下のサイトを参考にした。

「摩天楼」の意味と使い方・語源・類語|ニューヨーク/日本

さらに詳しく知りたい方はこちらも。

「摩天楼」はいったい誰が訳したのか、言語学の夢想家

https://ja.wikipedia.org/wiki/超高層ビルの一覧

https://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク市の高層ビル一覧

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


【月野ぽぽなのバックナンバー】
>>〔41〕水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る    今井肖子
>>〔40〕みすずかる信濃は大き蛍籠     伊藤伊那男
>>〔39〕大空に自由謳歌す大花火       浅井聖子
>>〔38〕ぼんやりと夏至を過せり脹脛     佐藤鬼房
>>〔37〕こすれあく蓋もガラスの梅雨曇    上田信治
>>〔36〕吊皮のしづかな拳梅雨に入る     村上鞆彦
>>〔35〕遠くより風来て夏の海となる     飯田龍太
>>〔34〕指入れてそろりと海の霧を巻く    野崎憲子
>>〔33〕わが影を泉へおとし掬ひけり     木本隆行
>>〔32〕ゆく船に乗る金魚鉢その金魚     島田牙城
>>〔31〕武具飾る海をへだてて離れ住み    加藤耕子
>>〔30〕追ふ蝶と追はれる蝶と入れ替はる   岡田由季
>>〔29〕水の地球すこしはなれて春の月   正木ゆう子
>>〔28〕さまざまの事おもひ出す桜かな    松尾芭蕉
>>〔27〕春泥を帰りて猫の深眠り        藤嶋務
>>〔26〕にはとりのかたちに春の日のひかり  西原天気
>>〔25〕卒業の歌コピー機を掠めたる    宮本佳世乃
>>〔24〕クローバーや後髪割る風となり     不破博
>>〔23〕すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱   中村晋
>>〔22〕雛飾りつゝふと命惜しきかな     星野立子
>>〔21〕冴えかへるもののひとつに夜の鼻   加藤楸邨
>>〔20〕梅咲いて庭中に青鮫が来ている    金子兜太
>>〔19〕人垣に春節の龍起ち上がる      小路紫峡 
>>〔18〕胴ぶるひして立春の犬となる     鈴木石夫 
>>〔17〕底冷えを閉じ込めてある飴細工    仲田陽子
>>〔16〕天狼やアインシュタインの世紀果つ  有馬朗人
>>〔15〕マフラーの長きが散らす宇宙塵   佐怒賀正美
>>〔14〕米国のへそのあたりの去年今年    内村恭子
>>〔13〕極月の空青々と追ふものなし     金田咲子
>>〔12〕手袋を出て母の手となりにけり     仲寒蟬
>>〔11〕南天のはやくもつけし実のあまた   中川宋淵
>>〔10〕雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ    朗善千津
>>〔9〕冬銀河旅鞄より流れ出す       坂本宮尾 
>>〔8〕火種棒まつ赤に焼けて感謝祭     陽美保子
>>〔7〕鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ  三島ゆかり
>>〔6〕とび・からす息合わせ鳴く小六月   城取信平
>>〔5〕木の中に入れば木の陰秋惜しむ     大西朋
>>〔4〕真っ白な番つがいの蝶よ秋草に    木村丹乙
>>〔3〕おなじ長さの過去と未来よ星月夜  中村加津彦
>>〔2〕一番に押す停車釦天の川     こしのゆみこ
>>〔1〕つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る