ハイクノミカタ

卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】


卒業の歌コピー機を掠めたる

宮本佳世乃


アメリカの学年度、アカデミックイヤーは9月中旬に始まり、卒業式は5月から6月にかけて行われるため、今この時期の学生たちに卒業気分は全くないが、筆者は学生時代を日本で過ごしたため、卒業期といえば3月であり、その記憶は春の空気感と共にある。

〈卒業の歌〉は仲春の季語である「卒業」の傍題(ぼうだい)「卒業歌」。この句跨りの上七〈卒業の歌〉で切れ、それに続く、完了・継続の助動詞「たり」の連体形を伴った下五〈(かす)めたる〉を持つ中五下五〈コピー機を掠めたる〉は「コピー機を掠めた」「コピー機を掠めている」という意味で上七〈卒業の歌〉を修飾し、「コピー機を掠めたる/卒業の歌」が倒置されたかたちで仕上がっている。

卒業歌で、すぐに耳に浮かぶのは「蛍の光」や「仰げば尊し」。〈コピー機〉から、卒業歌が聞こえてきている句中の場面は、卒業の式場ではなく、同じ校内のコピー機のある事務関係の部屋などであろうか。

句中の〈卒業の歌〉と〈コピー機〉、この音と事務機材だけを手がかりに、詩的な表現である〈掠めたる〉から音量を想像し、式場との距離を想像し、この歌が、式場を離れて他の部屋まで広がってゆく、その時空感を味わう。

繰り返し読んでいるうちに〈コピー機〉の傍らで、この歌を聞いている人物がおのずと現れてくる。

おそらく卒業生ではない、もう成人している人。かつては卒業を経験しているその人。そのうち〈掠めたる〉から垣間見える、その人の心情も想像されてくるだろう。

掲句を読み返すたび時間差をもって見えてくる、音が描き出す時間と空間、登場人物、その人の卒業への心理などが印象的で、それらが相待って、卒業に対する、一見ドライで後からゆっくり沁みてくる淡い色合いの新しい感慨が生まれていて魅力的だ。

言葉はときに、声高に言いすぎしてしまい、その途端に、何かが逃げてしまいがちなのだが、掲句から受ける印象は、静かでほのかで、作者が言葉と一緒に呼吸していて、言葉が、言いすぎることで言葉自身を傷つけることのないようにしているような慈しみを感じる。

言葉の声を聞き、言葉の心を思いやる。言語というアイデンティティーに寄り添う感受性。筆者にそんな言葉がやってきた。

「三〇一号室」(港の人、2019年)

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


【月野ぽぽなのバックナンバー】
>>〔24〕クローバーや後髪割る風となり     不破博
>>〔23〕すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱   中村晋
>>〔22〕雛飾りつゝふと命惜しきかな     星野立子
>>〔21〕冴えかへるもののひとつに夜の鼻   加藤楸邨
>>〔20〕梅咲いて庭中に青鮫が来ている    金子兜太
>>〔19〕人垣に春節の龍起ち上がる      小路紫峡 
>>〔18〕胴ぶるひして立春の犬となる     鈴木石夫 
>>〔17〕底冷えを閉じ込めてある飴細工    仲田陽子
>>〔16〕天狼やアインシュタインの世紀果つ  有馬朗人
>>〔15〕マフラーの長きが散らす宇宙塵   佐怒賀正美
>>〔14〕米国のへそのあたりの去年今年    内村恭子
>>〔13〕極月の空青々と追ふものなし     金田咲子
>>〔12〕手袋を出て母の手となりにけり     仲寒蟬
>>〔11〕南天のはやくもつけし実のあまた   中川宋淵
>>〔10〕雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ    朗善千津
>>〔9〕冬銀河旅鞄より流れ出す       坂本宮尾 
>>〔8〕火種棒まつ赤に焼けて感謝祭     陽美保子
>>〔7〕鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ  三島ゆかり
>>〔6〕とび・からす息合わせ鳴く小六月   城取信平
>>〔5〕木の中に入れば木の陰秋惜しむ     大西朋
>>〔4〕真っ白な番つがいの蝶よ秋草に    木村丹乙
>>〔3〕おなじ長さの過去と未来よ星月夜  中村加津彦
>>〔2〕一番に押す停車釦天の川     こしのゆみこ
>>〔1〕つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】…
  2. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  3. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  4. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  5. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  6. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  7. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  8. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】

おすすめ記事

  1. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  3. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  4. 【春の季語】猫の子
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  6. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  7. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  9. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  10. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】

Pickup記事

  1. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  2. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  5. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】
  6. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  7. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】
  8. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  9. 【冬の季語】鴨
  10. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
PAGE TOP