ハイクノミカタ

しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】


しばれるとぼつそりニッカウィスキー

依田明倫


「しばれる」は歳時記の解説では、「北海道・東北地方において、特に厳しく冷え込む時や、ものみな凍るように感じられるほど寒い時にいう」(角川俳句歳時記第五版)とあり、当地では日常的によく使う言葉だ。時期にもよるが、だいたい氷点下20度を下回ると、「今日はしばれたねえ」と言い合うのが挨拶がわりになる。また、歳時記には記載がないが、「今朝は水道がしばれた」などと、単純に「凍る」という言葉の代わりにも使う。

掲句は、体感的な「しばれ」と、ウィスキーが凍るというふたつの意味をかけて使っていると思われる。ウィスキーが凍るのはどれほどの気温からなのだろうと思って調べてみると、氷点下24度くらいらしい(サントリーのホームページ)。それくらいの気温になることは珍しいことではないので、火の気のないところに置いてあったウィスキーが凍りかけたこともあったにちがいない。

完全に凍ってしまったのではなく、いわゆるシャーベット状になったウィスキー。その状態を、「ぼつそり」というオノマトペで表現したのだろう。そのまま舐めるように飲んだのか、あるいは湯で割ったのか。

掲句はおそらく北海道の農村に暮らした作者の実体験と思われるが、私は映画の中の高倉健のような寡黙な人物を思い浮べた。倉庫のような寒いところでストーブに火を入れ、客と向いあってしばれたウィスキーを飲む。相手も同じような物静かな人物。会話はとぎれとぎれにも聞こえるが、本人たちはそれで満足している。そのふたりを包む雰囲気全体が、「ぼつそり」としていたのである。

余談だが、掲句の表記は句集では「ニッカウィスキー」だが、角川俳句歳時記第五版に収載されているのを見ると「ニッカウヰスキー」となっている。正式な社名はもちろん「ニッカウヰスキー」。句集制作時には出版社の校閲から指摘があるだろうから、作者に何らかのこだわりがあって「ニッカウィスキー」にしたのかもしれない。

「農場」(2013年/角川書店)所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 
  2. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  3. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  4. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  5. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  6. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  7. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  8. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  3. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  4. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  5. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  6. 【夏の季語】紫陽花
  7. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  8. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  9. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  10. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】

Pickup記事

  1. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  2. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  3. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  4. 【夏の季語】ソーダ水
  5. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  7. 【秋の季語】立秋
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  9. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  10. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
PAGE TOP