ハイクノミカタ

犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

犬の仔のすぐにおとなや草の花

広渡敬雄


公園へ向かってなだらかに下る坂道に家が並んでいる。その一軒からポメラニアンが出て来た。よちよちと門のすぐ外まで歩くと、そこが定位置のように座る。迷惑そうでもないので、一緒にしゃがみ込み「こんにちは」と話しかけた。覚束ない足取りから想像はついたけれど、近くで見れば毛並みは艶が失われ、まごうかたなき老犬。その犬を少し離れて見守っていた人がひっそり傍に立った。私も立ち上がり「可愛いですね。」と褒めると、「ええ、でも年なんですよ。」と答えてくれた。おっとりした口調に年配の女性らしい落ち着きがある。15歳だという犬にはその声も届いているのかどうか。白内障とは思えないつぶらな瞳に夕暮れが降りはじめていた。

帰宅して調べたところ、犬の15歳は人間の76歳に相当するのだそうだ。飼主さんと今ちょうど同い年くらいかもしれない。活発で遊び好きというポメラニアンのこと、子犬の頃は散歩で息が切れるほど走らされたり、甘えん坊ぶりに手を焼いたりしたこともあっただろう。それが、たった15年のうちに人の年に追いつき、追い越し、穏やかな老境を迎えてしまう。家で飼っていた犬は私が12歳の時に生後数か月でやって来て、28歳の時に老衰で世を去った。

 犬の仔のすぐにおとなや草の花

句集『ライカ』を開いてこの句に目が留まったのは、先日の散歩途中のことが頭から抜けていなかったからだと思う。勿論、ここに登場する犬はおとなといってもまだ若い。そんなにすぐに老成されては堪らない。ついこの間まで、自分の尻尾を追いかけてくるくる回るような仔犬仕草を見せていたのに、今や立派な青年犬だと解したい。成長ぶりに心底驚いた!というストレートな感動が中七の「や」切れから伝わる。さて、こうした所謂二物衝撃句の場合、どのように季語を展開するかが、作者の腕の見せ所であり個性となる。例えば「南風」や「雲の峰」或いは「天高し」などの先行きが明るいだけの季語ならば凡句で終わってしまう。「草の花」は犬のいる景色としてありふれていながら、予定調和を外れた意外性がある。仔犬からおとなへの成長真っ盛りと、夏という勢いのある季節を過ぎて野に咲く小さな花のイメージとの間に生じる微妙なずれ。これが切ない余韻の正体だろうか。もはや子供でも若者でもない作者や私たちは知っているのだ、犬に流れる時間の速さを。飛ぶような足取りがいつかゆっくりになることを。やがて来るその時を草の花もまた知っていて、犬の足を優しく包み込む。

『ライカ』ふらんす堂 2009年より)

太田うさぎ


🍀 🍀 🍀 季語「草の花」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】

>>〔55〕秋天に雲一つなき仮病の日      澤田和弥
>>〔54〕紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く      澤好摩
>>〔53〕鴨が来て池が愉快となりしかな    坊城俊樹
>>〔52〕どの絵にも前のめりして秋の人    藤本夕衣
>>〔51〕少女期は何かたべ萩を素通りに    富安風生
>>〔50〕悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし  波多野爽波
>>〔49〕指は一粒回してはづす夜の葡萄    上田信治
>>〔48〕鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白     村上鞆彦
>>〔47〕あづきあらひやひとり酌む酒が好き  西野文代
>>〔46〕夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
>>〔45〕目薬に涼しく秋を知る日かな     内藤鳴雪
>>〔44〕金閣をにらむ裸の翁かな      大木あまり
>>〔43〕暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる    佐藤鬼房
>>〔42〕何故逃げる儂の箸より冷奴     豊田すずめ
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平
>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  2. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  3. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  4. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  5. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  6. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  7. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】
  8. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP