季語・歳時記

【秋の季語】草の花

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】草の花

ひっそりと咲く秋の野草の花のこと。「秋草」よりも、名もない草や雑草の花などをイメージさせる言葉。一般的には「草花」では季語にならないとされる。


【草の花】
草の花美しと見ぬ悲しとも 五十嵐播水
御仏の身のかろがろと草の花 右城暮石
音楽のわかる象の尾草の花 後藤比奈夫
すねてゐる子は忘れられ草の花 千原叡子
石と化せぬジェノサイド紀の草の花 矢島渚男
草の花兎が食べてしまひけり 山本あかね
人形のだれにも抱かれ草の花 大木あまり
ことごとく国旗に皺や草の花 大木あまり
正岡子規に永井隆に草の花 宇多喜代子
幸せと言へばしあはせ草の花 吉田成子
がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典
ままごとにかあさんがゐて草の花 福神規子
草の花摘みながら来し道のほど 西村和子
帰る家ありて摘みけり草の花 小島健
犬の仔の直ぐにおとなや草の花 広渡敬雄
草の花すぐと詩になる子の応ヘ 上田日差子
死ぬときは箸置くやうに草の花 小川軽舟
折れやすき色鉛筆や草の花 日原傳
一字づつ文字を覚ゆる草の花 日原傳
活けられて風を通しぬ草の花 日下野由季
よこたへし身に血の重さ草の花 南十二国
にんげんはからっぽの箱草の花 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】初夢
  2. 【秋の季語】天の川
  3. 【冬の季語】息白し
  4. 【冬の季語】年忘れ
  5. 【冬の季語】手袋
  6. 【春の季語】鶯
  7. 【秋の季語】霧
  8. 【春の季語】春の野

おすすめ記事

  1. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  2. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】
  3. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  4. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】
  5. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  6. 【春の季語】春二番
  7. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  9. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  10. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】室咲
  2. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  3. 【冬の季語】水鳥
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  6. 【春の季語】春
  7. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  8. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  9. 【夏の季語】母の日
  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
PAGE TOP