季語・歳時記

【春の季語】余寒

【春の季語=初春(2月)】余寒

立春」直後の「早春」は、ところどころに「春めく」ものの、寒い日が続く。

これを「余寒」と呼び、鎌倉を驚かしたりすることもあります。

春寒」「冴返る」「春浅し」などという季語とも隣接。


【余寒(上五)】

【余寒(中七)】
杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄
収骨の余寒遺品と手榴弾 玉城一香
鎌倉の虚子の余寒に會ひにゆく 八田木枯
空仰ぐ首に余寒をまとひつつ 今井肖子
閂に余寒のゼリーフィッシュかな 小津夜景

【余寒(下五)】
鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子
老人の背に貼りつきし余寒かな 八田木枯
閒石とご署名のある余寒かな 黒田杏子
人形の目の一重なる余寒かな 甲斐由起子
索引の文字の細かき余寒かな 金子敦
赤飯のおにぎり買って余寒の椅子 神野紗希


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】冷房
  2. 【夏の季語】涼し
  3. 【新年の季語】七日
  4. 【春の季語】流氷
  5. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  6. 【冬の季語】冬滝
  7. 【夏の季語】サイダー
  8. 【新年の季語】春七種(春七草)

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  3. 【夏の季語】夕立
  4. 【春の季語】余寒
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  7. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  8. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  9. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  10. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 乱れ萩 括り萩 萩日和

Pickup記事

  1. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
  2. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  3. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  4. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  5. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】
  6. 【馬の俳句】
  7. 【春の季語】白椿
  8. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  10. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
PAGE TOP