季語・歳時記

【春の季語】余寒

【春の季語=初春(2月)】余寒

立春」直後の「早春」は、ところどころに「春めく」ものの、寒い日が続く。

これを「余寒」と呼び、鎌倉を驚かしたりすることもあります。

春寒」「冴返る」「春浅し」などという季語とも隣接。


【余寒(上五)】

【余寒(中七)】
杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄
収骨の余寒遺品と手榴弾 玉城一香
鎌倉の虚子の余寒に會ひにゆく 八田木枯
空仰ぐ首に余寒をまとひつつ 今井肖子
閂に余寒のゼリーフィッシュかな 小津夜景

【余寒(下五)】
鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子
老人の背に貼りつきし余寒かな 八田木枯
閒石とご署名のある余寒かな 黒田杏子
人形の目の一重なる余寒かな 甲斐由起子
索引の文字の細かき余寒かな 金子敦
赤飯のおにぎり買って余寒の椅子 神野紗希


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪野
  2. 【秋の季語】秋の空
  3. 【春の季語】春分の日
  4. 【新年の季語】嫁が君
  5. 【秋の季語】末枯
  6. 【夏の季語】田植
  7. 【秋の季語】草の花
  8. 【春の季語】春一番

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鶯笛
  2. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  3. 【新年の季語】宝船
  4. 【冬の季語】枯野
  5. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  6. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  7. 【冬の季語】冬の滝
  8. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  9. 【冬の季語】枯蓮
  10. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】

Pickup記事

  1. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  2. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  3. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  4. 【春の季語】椿寿忌
  5. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  6. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  7. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  8. 【冬の季語】冬麗
  9. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  10. 【冬の季語】冬林檎
PAGE TOP