連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート


あんずのコンポート

Compote d’abricots


フランスはあんずの一大生産国。とくにローヌ川沿いの南仏地域はあんずの産地として知られ、パリのマルシェにも夏になると国産あんずが山積みになります。
生で食べるとちょっと酸っぱいのですが、タルトやアイスクリームなど、あんずのデザートはとても身近なものでした。

日本ではあんずといえば信州ですね。梅雨時の短い時期だけ出回る生のあんず、大好きです。

二つ割りにして砂糖をまぶし、しばらく置いて、出てきた水分でさっと煮たコンポートは、冷蔵庫で冷やしておけば、つるつるっと食べられるさっぱりしたデザートになります。ヨーグルトやアイスクリームを添えてもおいしい。
おもてなしには、シリアルやバニラアイスと重ねてグラスに盛りつける、ヴェリーヌ仕立てで。ビターなチョコレートもよく合います。

あんずあまさうなひとはねむさうな  室生犀星

季語【杏】【あんず】【からもも】【冷蔵庫】【アイスクリーム】【氷菓】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  5. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  7. 秋櫻子の足あと【第8回】谷岡健彦
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男

おすすめ記事

  1. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  2. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  3. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  4. 【秋の季語】朝顔
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷
  6. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  7. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月5日配信分】
  9. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  10. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)

Pickup記事

  1. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  2. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  3. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  4. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  6. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  7. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  8. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  9. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  10. 【夏の季語】たかんな
PAGE TOP