ハイクノミカタ

橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

橘や蒼きうるふの二月尽

三橋敏雄


小池光の歌集『日々の思い出』(雁書館・1988)を読んでいると、「佐野朋子のばかころしたろと思ひつつ教室へ行きしが佐野朋子をらず」や「真昼間の寝台ゆ深く手を垂れて永田和宏死につつ睡る」といった具体的な人名を詠み込んだ歌を見つけた。『草の庭』(砂子屋書房・1995)には、「河野裕子が永田和宏を叱るこゑゆめの渚のあけぼののころ」という歌があって、永田和宏の「なにげなきことばなりしがよみがえりあかつき暗き吃水を越ゆ」と併せて読むと、ひどくて笑えるなと思った。
俳句では、八田木枯に「残花かな藤田湘子のめがねかな」というのが似たような例だろうか。西村麒麟には「鶴引くや八田木枯なら光る」という木枯を詠み込んだのもあって、この句の季語はいかにも木枯好みであるし、木枯の本名は「光(日刈)」であるから、なるほど、木枯を愛する人は、この句の木枯への愛をそういう点からも読みとるかもしれない。

人名が詠まれていても、それが贈答とか挨拶とか存問とかに必ずしもなるわけではなくて、そういうのとは少し違った読み味になる歌や句があることのは面白い。

三橋敏雄には、「表札は三橋敏雄留守の梅」という自身の名前を詠み込んだものもある。「留守の梅」というのが、よく効いていると思う。
冒頭に挙げた同じく敏雄の「橘や蒼きうるふの二月尽」は、安井浩司に向けたものだという。どちらとも関わりがない私が知っているのだし、たぶん以前どこかで読んだから知っているはずで、その記述を探そうと家中の本をひっくり返したのだが見つからなかった。正直に述べると、そうやって困り果てたのが、この金曜日である。そこから心当たりのある方にご連絡を差し上げて、質問責めにして関係各所をお騒がせした。ただ、残念ながら、今もその記述は見つかっていない。だが、私だけでなく、お伺いしたうちの一人の九堂夜想さんも心当たりがあると言うし、全くの思い違いではないように思う。もし見つけた方がいらっしゃったら、ご一報頂きたい。

さて、『安井浩司選句集』(邑書林・2008)の年譜によれば、安井が三橋敏雄と初めて会ったのは、1975年の『阿父学』出版記念会のようである。この句は『鷓鴣』(南柯書局・1979)に所載されているので、この四年の間に安井へ宛てた句だったのでは推察される。

安井は閏日の生まれなので、「うるふの二月尽」ということなのであろう。また、「蒼きうるふ」というのは、チンギス・ハンのことである。私の手持ちの『阿父学』には、若い頃の安井の、たぶん家居であろう写真が二葉挟まっている。その風貌は精悍な感じで、蒼き狼ことチンギス・ハンを重ねるのも納得は行く。もちろん、安井の詩業を讃え、またその詩業の行先を期待して「蒼きうるふ」と用いたというのもあったかもしれない。
「青」という語やモチーフは、新興俳句において特別の蓄積を持つものであるし、また三橋敏雄の場合は「蒼」を好んで用いている。もし私が敏雄のように「蒼」を好んで用いていたならば、「蒼き狼」なんて言葉を用いる際には、特別に意識を配るだろう(また、通り名というのも扱いが難しいし)。こんなことは勝手な妄想に過ぎないし、敏雄もそうだったろうと言うつもりはないが、ただ「蒼きうるふ」を一義的に用いるのではなく、掛けて用いている点に斧鑿の痕は見られると言えよう。
初出は分からないが、『鷓鴣』の並びでは、前が「寒明けの吊縄の縒弱り果て」、後が「赤土の春の地ひびきあまたたび」であるから、「橘」を詠嘆していても、「二月尽」が季語としては立ててあることが伺える。

この「橘」が謎である。
敏雄と安井に橘にまつわる特別な思い出があったのか。それとも安井の家に植わっていたのか。しかし、「五月待つ花橘」としてもまだまだ早いし、安井の住むあたりだと橘は寒くてどうなんだろうという感じもある。実景を志向した付け方なのか、いまいち確信はもてない。あるいはこれも掛けて用いているのか、それとも安井の詩における何かなのか。ただ、言葉の上で、「橘」の凛々しさは「蒼きうるふ」という語と呼応し、よりよいイメージを育んでいるように思う。

もしかすると安井浩司が孤高という語を冠して身にそぐう最後の俳人だったのかもしれない。ご冥福をお祈りする。

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  2. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  3. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  4. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  5. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  6. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  7. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  8. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP