ハイクノミカタ

印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】


印刷工枯野に風を増刷す

能城檀


この句に目が留まったのは、二十代の頃、印刷工として働いていた記憶が呼び起こされたからだろう。もう30年も前のことだが、最大でA3までしか印刷できない小さなオフセット印刷機を日がな一日回していた。

現在では印刷機もコンピュータ制御されていて、ある程度放っておいても良いのかもしれないが、私の当時担当していた印刷機は、つねに人が傍についてインクや水の量を調整しなければならないアナログな機械だった。工場には窓もなく、ただモーターのうなりと、印刷機が紙を繰り入れては吐き出す音だけが響いていた。

印刷工枯野に風を増刷す

私の働いていた工場は枯野ではなかったが、郊外に立地している工場なら枯野ということもあるかもしれない。だがここでは、実際の景というより、おそらくは心象風景としての枯野だろう。掲句ではその心の枯野に風を増刷しているという。

増刷は著者や出版社にとっては嬉しいことだが、一労働者としてはどうか。印刷工にとって印刷物とは、紙にインクを吸い込ませた物質にすぎない。その物質に込められた著者の思いなどは、風のように目の前を次々に通り過ぎてゆくだけだ。

工場の中の印刷機のリズミカルで単調な音と、工場の外の、あるいは心象の、風が枯草をざわざわと撫でる音とがいつしか混然となって、機械の傍らに立つ無言の印刷工を覆ってゆく。そんな景にも思えてくる。

カフェにて」(2019年/ふらんす堂)所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  2. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  3. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  4. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  5. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  6. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】…
  7. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  8. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】

おすすめ記事

  1. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  2. 【春の季語】春野
  3. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  6. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  7. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  9. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  10. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】

Pickup記事

  1. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  2. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第60回】 貴船と波多野爽波
  4. 【秋の季語】秋風
  5. 【秋の季語】蛇穴に入る
  6. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  7. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  8. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  9. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  10. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
PAGE TOP