ハイクノミカタ

糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】


糸電話古人の秋につながりぬ

攝津幸彦


攝津幸彦はいまだ根強い人気がある。それはなぜなのか。その理由はわかるようなわからないような、というところで、それも含めて魅力的ということなのだろう。

おそらく私は攝津幸彦の良い読者ではないと思うが、この人の句が好きな人はきっと打算抜きで俳句が好きなのだということはわかる。そしてそのことに、何かあたたかいものを感じるのである。

さて、掲句。若い人はどうかわからないが、子どものころ糸電話で遊んだ経験のある人は多いだろう。あれから何十年も経つのに、コップの中から聞こえるくぐもった声が、耳を澄ませば今でも聞こえるような気がする。

その糸電話が、ここでは「古人の秋」につながっているという。古人は、昔の人という意味だろうか。つながるのが、「秋の古人」ではなく「古人の秋」であるというところが句の景を豊かにしていて、そこが魅力だ。糸電話の細い糸の向こうに、時間も空間も超えた茫漠なる「秋」が広がっている。

そう、糸電話の向こうは秋なのだ。こちらが気怠い春、疲れた夏、折れそうな冬であっても、糸電話の糸の微細な振動を通じて古人の秋を感じることができる、そんな糸電話が欲しい。

攝津幸彦は1947年に生まれ、1996年の今日、10月13日没。掲句は句集『四五一句』所収で、『攝津幸彦選集』(2006年/邑書林)より引いた。

(鈴木牛後)


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋…
  2. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  3. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  4. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  5. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  6. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  7. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  8. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋分
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  4. 【秋の季語】台風(颱風)
  5. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  6. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  7. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  8. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  9. 【夏の季語】水着
  10. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】

Pickup記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  2. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
  3. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  4. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  5. 【春の季語】石鹸玉
  6. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  7. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  8. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  9. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  10. 【冬の季語】鮟鱇
PAGE TOP