ハイクノミカタ

糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】


糸電話古人の秋につながりぬ

攝津幸彦


攝津幸彦はいまだ根強い人気がある。それはなぜなのか。その理由はわかるようなわからないような、というところで、それも含めて魅力的ということなのだろう。

おそらく私は攝津幸彦の良い読者ではないと思うが、この人の句が好きな人はきっと打算抜きで俳句が好きなのだということはわかる。そしてそのことに、何かあたたかいものを感じるのである。

さて、掲句。若い人はどうかわからないが、子どものころ糸電話で遊んだ経験のある人は多いだろう。あれから何十年も経つのに、コップの中から聞こえるくぐもった声が、耳を澄ませば今でも聞こえるような気がする。

その糸電話が、ここでは「古人の秋」につながっているという。古人は、昔の人という意味だろうか。つながるのが、「秋の古人」ではなく「古人の秋」であるというところが句の景を豊かにしていて、そこが魅力だ。糸電話の細い糸の向こうに、時間も空間も超えた茫漠なる「秋」が広がっている。

そう、糸電話の向こうは秋なのだ。こちらが気怠い春、疲れた夏、折れそうな冬であっても、糸電話の糸の微細な振動を通じて古人の秋を感じることができる、そんな糸電話が欲しい。

攝津幸彦は1947年に生まれ、1996年の今日、10月13日没。掲句は句集『四五一句』所収で、『攝津幸彦選集』(2006年/邑書林)より引いた。

(鈴木牛後)


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…
  2. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】…
  3. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  4. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  5. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  6. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  7. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  8. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

おすすめ記事

  1. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  2. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  3. 【冬の季語】冬籠
  4. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  6. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  7. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  8. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  9. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋薔薇
  2. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  4. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  5. 【春の季語】春二番
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  7. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  9. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  10. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
PAGE TOP