ハイクノミカタ

1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍


1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し

湊圭伍


川柳における〈言葉派〉の歴史は長い。と、わたしが感じる句のひとつに『誹風柳多留』の

 柄杓うりなんにもないを汲んでみせ

があります。これは曲物(わげもの)売りのしぐさを詠んだもので、汲んで見せているのは水ではなく「なんにもない」。つまり水が漏ればつかいものにならない柄杓を、実演に見せかけて身ぶり手ぶりですましているという話で、そこに川柳らしい笑いと穿ちがあるわけですが、とはいえこの句の見どころは「なんにもないを汲む」という発想(言い回し)を写実において形にしたことにある。笑いよりも、穿ちよりも、措辞そのものに驚くこと。それが川柳なのかもしれないーーそんなふうに思う局面ってすごく多いです。

 プランナーどうでもいいを盛ってみせ  湊圭伍

句集『そら耳のつづきを』をめくっていたら、上の古川柳の発想をベースにした句を見つけました。こちらの商売人はプランナーです。そして盛ってみせるのは「どうでもいい」。ゼロになにをかけたってゼロで、嵩が増さないのと同じで、どうでもいいプランはなにをしたってどうでもいいプランにしかなりません。句の骨格がしっかりしているので脱力感が内に籠らず抜けがいい。変なくすぐりがなく、乾いているところも好みです。さらにページをめくると、もっとすごい社会詠がありました。

 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍

鶴彬手と足をもいだ丸太にして返し〉をベースにしています。手と足をもがれた丸太は、人間性を奪われているという意味で確かに名無しですけれど、それを5ちゃんねるという匿名掲示板の、ハンドルネームのない名無しとコラージュしてみせるなんて、こんな言い得て妙な本歌取りってなかなか目にしません。笑いよりも、穿ちよりも、措辞そのものに驚くことが川柳ではないかという一つの仮説に、ぜひ付け加えたい一句です。

小津夜景


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章
>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  2. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  3. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】…
  4. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  5. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)…
  6. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】…
  7. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】…
  8. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】

おすすめ記事

  1. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  3. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  4. 【冬の季語】短日
  5. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  7. 【春の季語】蟻穴を出づ
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  9. 【冬の季語】冬の水
  10. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】

Pickup記事

  1. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  3. 【冬の季語】十一月
  4. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  5. 【冬の季語】冬日
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  7. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  8. 【春の季語】鳥曇
  9. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  10. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
PAGE TOP