海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

海女ひとり()づく山浦雲の峰

井本農一
(『遅日の街』1977年)


井本農一は芭蕉研究の泰斗であり、自分が大学生の頃は、芭蕉のことはひとまず井本農一の新書を読んで分かった気になったりした。そのころはまだ存命中で、院に進んでからは、井本は弟子に俳句の実作を許さないらしいと仄聞し、厳しい先生だなと思った覚えがある。実際、今もおおっぴらに俳句の実作をやっている俳文学者は数えるほどしかいなくて、自分はそれを少しおかしな事だと思っているのだけれど。そんなわけで、昔古書店でこの井本の句集を見つけたときはかなり驚いた。まさか当の本人が実作をしていたとは思いもよらなかったから。

句集のあとがきによれば、本句集は永田書房の永田龍太郎の勧めで長く作り捨てにしていたものを集めて一冊に編んだという。作るペースは「断続的に句作はしていたが、平均すれば年に二十句に満たない」そうで、相当な寡作である。「孫たちが成人して、その中に一人でも俳句の解るのが出て、ああ祖父はこんな気持ちでいたのかと思つてくれれば」ともある。その辺の作家の思いを少し掘り下げると、井本の父親は青木健作という。小説家で、俳人で、法政大学の教授を務めた人である。姓が違うのは、青木家から井本家に養子に入っていたからで、旧姓を筆名にしているのである。青木の旧制山口中学時代の同級には種田山頭火がおり、就職先の同僚には鈴木三重吉がいた。「帝国文学」の編集に携わっていた時には芥川龍之介の「羅生門」を採用したともいう。そんな風で、父親はかなり実作寄りの人だったことがわかる。本句集には、その父のことやらその墓のこと、そして家族でそこに参ったときのことなど詠んだ句が折々に散見される。つまり、井本なりのこの文学の家系の、ささやかな未来への願いのようなものが込められた句集ということのようなのだ。

掲句中の「かづく」は古語で潜ること。『古今和歌集』に「伊勢の海人の朝な夕なにかづくてふみるめに人をあくよしも​がなに」(詠人知らず)、『和泉式部集』に「かづけどもみるめは風もたまらねば寒きにわぶる冬のあま人」と、海女のかづく姿は古来歌にも使われている題材である。海には一人漁をしている海女がいる。「山浦」は、海からすぐ山になっている地形とか、三方山に囲まれた浦くらいを想像しておけばいいだろうか。のこる一方の海を見やるとそこには雲の峰がそびえているという景。はじめに焦点化された海にいる海女から、景がぱっと大きく天へと広がってゆく。それは客人である視点人物の目の動きそのものなのだろう。その人物は景色に大いなる美をみてとったかもしれないが、普段からその自然に溶け込んでいる海女はただ黙々と素潜り漁をしている、というのも面白い。この次の句が急転し「金借りて帰り行きけり西日中」なのも、先生何か貴重書でもお買いになったのか、などと思われ可笑しかった。

余談だが、伊勢のあたりでは、一人で潜る海女の前にのみ、トモカヅキ(供潜き?)という妖怪が現れることがあるのだという。この妖怪は、他にいないはずの海に自分と同じ人の姿であらわれ、出会った海女に害を為す。命をとられることもある。ために伊勢の海女は、魔除けの護符「セーマンドーマン」(安倍晴明と蘆屋道満由来とも)を身につけているのだとか。海女が一人で潜って漁をするのはもちろん命がけであり、長時間息をとめるうちに意識が朦朧となることで幻をみるため言われ出した現象なのかもしれないが、そのような合理的な解釈より、命がけの現場の人間のリアルを感じ取るほうがはるかに大切だろう。そのような命がけの人間の生の現場から天空までがこの一句の中に収まって成立しているのは、なかなかにすばらしいことではないかと思うのだけれど。

橋本直


【橋本直のバックナンバー】
>>〔39〕太宰忌や誰が喀啖の青みどろ    堀井春一郎
>>〔38〕草田男やよもだ志向もところてん    村上護
>>〔37〕水底を涼しき風のわたるなり     会津八一
>>〔36〕棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌    秋元不死男
>>〔35〕谺して山ほととぎすほしいまゝ    杉田久女
>>〔34〕夕立や野に二筋の水柱       広江八重桜
>>〔33〕雲の上に綾蝶舞い雷鳴す      石牟礼道子
>>〔32〕尺蠖の己れの宙を疑はず       飯島晴子
>>〔31〕生前の長湯の母を待つ暮春      三橋敏雄
>>〔30〕産みたての卵や一つ大新緑      橋本夢道
>>〔29〕非常口に緑の男いつも逃げ     田川飛旅子
>>〔28〕おにはにはにはにはとりがゐるはるは  大畑等
>>〔27〕鳥の巣に鳥が入つてゆくところ   波多野爽波
>>〔26〕花の影寝まじ未来が恐しき      小林一茶
>>〔25〕海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規
>>〔24〕白梅や天没地没虚空没        永田耕衣
>>〔23〕隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな  加藤楸邨
>>〔22〕幻影の春泥に投げ出されし靴     星野立子
>>〔21〕餅花のさきの折鶴ふと廻る       篠原梵

>>〔20〕ふゆの春卵をのぞくひかりかな    夏目成美
>>〔19〕オリヲンの真下春立つ雪の宿     前田普羅
>>〔18〕同じ事を二本のレール思はざる    阿部青鞋 
>>〔17〕死なさじと肩つかまるゝ氷の下    寺田京子
>>〔16〕初場所や昔しこ名に寒玉子     百合山羽公
>>〔15〕土器に浸みゆく神酒や初詣      高浜年尾
>>〔14〕大年の夜に入る多摩の流れかな   飯田龍太
>>〔13〕柊を幸多かれと飾りけり       夏目漱石
>>〔12〕杖上げて枯野の雲を縦に裂く     西東三鬼
>>〔11〕波冴ゆる流木立たん立たんとす    山口草堂
>>〔10〕はやり風邪下着上着と骨で立つ    村井和一
>>〔9〕水鳥の夕日に染まるとき鳴けり    林原耒井
>>〔8〕山茶花の弁流れ来る坂路かな     横光利一
>>〔7〕さて、どちらへ行かう風がふく     山頭火
>>〔6〕紅葉の色きはまりて風を絶つ     中川宋淵
>>〔5〕をぎはらにあした花咲きみな殺し   塚本邦雄
>>〔4〕ひっくゝりつっ立てば早案山子かな  高田蝶衣
>>〔3〕大いなる梵字のもつれ穴まどひ     竹中宏
>>〔2〕秋鰺の青流すほど水をかけ     長谷川秋子
>>〔1〕色里や十歩離れて秋の風       正岡子規


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る