ハイクノミカタ

黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦


黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも

高野公彦


井戸水の冷たさから、人づてに聞いたのであろう「黒き魚」の質感を肉付けしていくのではなく、先に「黒き魚」を出しておいて、水の冷たさなどの形容から井戸の仄冥さを描き、その仄冥さの中にぼんやりと「黒き魚」の存在を漂わせる作りをとったことに手腕を感じる。真鍋美恵子の「古き井戸に一匹の鯉棲むと言へど見しことはなしその酷き緋を」は、伝聞から入って心象に終始するが、「酷き緋」くらいまでボルテージを上げたことで強烈な手応えが歌に表れた。

真鍋の歌には、たとえば「沼の面を音なく蛇がよぎりゆくひとすぢの炎ゆる金色(きん)とはなりて」(青畝の「水ゆれて鳳凰堂へ蛇の首」を彷彿とする)などを端読みし、その絢爛さに兼ねてより惹かれているのだが、『真鍋美恵子全歌集』(沖積舎・1983年)がなかなか手に入らない。歌集や句集の出版状況、加えて刊行からだいぶ経った歌集や句集を手に入れたいと思う読者の置かれた状況に絶望するかぎりである。

昨年、『汽水の光』の読書会を行ったが、こちらは現代短歌社から文庫化されていたお陰で手に入りやすかった。まことに助かった。また、その後にまとまて読みたくなって『高野公彦作品集』(本阿弥書店・1994年)を買い求めたが、これもなんとか手には入った。

思えば、初学の頃、邑書林のセレクション俳人のシリーズは本当に助かった。今や『岸本尚毅集』や『小澤實集』、『田中裕明集』がえらい値段で古書に回っているらしいが、もう少し手軽に手に入らないものだろうか。

以下、『汽水の光』から惹かれた句をいくらか引用したい。時折、とても俳句的だなと思うことのある歌集だった。

少年のわが身熱をかなしむにあんずの花は夜も咲きをり
手花火が少女の白き脛てらすかなしき夏をわれ瘦せにけり

はりがねを腰に光らせ犬捕りは磧に憩ふときも黙せり
日だまりの老に近づきその白髪吹きはじめたる風ありにけり
こがねむし手にあそばせて母のくに四国を出づる夜の船にをり
性愛図見て幾夜さの夢にたつ土用荒波ひまはりの首
一人の死ありてこの夏越えくればわが腕時計しほを噴きゐつ
湯屋いでし少年のほそきうつしみは夜の白き靄ひらきつつ来る
あきかぜの中のきりんを見て立てばああ我といふ暗きかたまり
象を見て仏陀思へりはるばると未来へ流れゆく時間(とき)の束
粘りある炎とおもふ鶏居らぬ小屋をほどきて日暮に燃せば
みどりごは泣きつつ目ざむひえびえと北半球にあさがほひらき
守り来しわが沈黙の深みにてずぶぬれの鳥のごとき言葉ら
バリケード燃ゆるを見つつ帰り来し夜の卓上 枇杷に毛がある
ことば、野にほろびてしづかなる秋を藁うつくしく陽に乾きたり

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔32〕露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな  攝津幸彦
>>〔31〕いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
>>〔30〕切腹をしたことがない腹を撫で   土橋螢
>>〔29〕蟲鳥のくるしき春を不爲     高橋睦郎
>>〔28〕春山もこめて温泉の国造り    高濱虚子
>>〔27〕毛皮はぐ日中桜満開に      佐藤鬼房
>>〔26〕あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
>>〔25〕鉛筆一本田川に流れ春休み     森澄雄
>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  2. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  3. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  4. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬…
  5. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  6. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  7. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  8. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  2. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  3. 【春の季語】紙風船
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  5. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  6. 【冬の季語】冬日和
  7. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  9. 【春の季語】涅槃図
  10. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  2. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  5. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  6. 【秋の季語】八月
  7. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  9. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  10. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
PAGE TOP