季語・歳時記

【春の季語】花

【春の季語=晩春(4月)】花

平安時代からの慣習で俳句でも基本的には「」のことを指すが、植物の名である桜(いろいろな品種がある)に対して、一段とイメージ性が強い。また、それゆえに「花見」、「花時」、「花冷」、「花明り」、「花の雲」、「花の雨」、「花衣」、「花疲れ」などの造語をつくる核ともなる。


【花(上五)】
花の雲鐘は上野か浅草か 芭蕉
花の上に浮ぶや花の吉野山 長谷川櫂
花の風護摩の焔を吹きあふぐ 髙田正子
花も亦月を照らしてをりにけり 今井肖子

【花(中七)】
矢印に花のふゞけりいざ行かん  森田峠
眼前にある花の句とその花と 田中裕明
人の上に花あり花の上に人 阪西敦子

【花(下五)】
雀来て障子にうごく花の影 夏目漱石
チチポポと鼓打たうよ花月夜 松本たかし
雪山のどこも動かず花にほふ 飯田龍太
しだれつゝこの世の花と咲きにけり 藤田湘子
永劫の途中に生きて花を見る 和田悟朗
日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】滝
  2. 【冬の季語】鬼やらい
  3. 【春の季語】鶯
  4. 【冬の季語】水鳥
  5. 【冬の季語】早梅
  6. 【冬の季語】枯木
  7. 【冬の季語】冬帽
  8. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)

おすすめ記事

  1. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】
  2. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  3. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  4. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  5. 【冬の季語】冬の川
  6. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  7. 【春の季語】沙翁忌
  8. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  9. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  10. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

Pickup記事

  1. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  2. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  3. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  4. 【冬の季語】ラグビー
  5. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  6. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  7. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  8. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  9. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  10. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
PAGE TOP