季語・歳時記

【春の季語】花

【春の季語=晩春(4月)】花

平安時代からの慣習で俳句でも基本的には「」のことを指すが、植物の名である桜(いろいろな品種がある)に対して、一段とイメージ性が強い。また、それゆえに「花見」、「花時」、「花冷」、「花明り」、「花の雲」、「花の雨」、「花衣」、「花疲れ」などの造語をつくる核ともなる。


【花(上五)】
花の雲鐘は上野か浅草か 芭蕉
花の上に浮ぶや花の吉野山 長谷川櫂
花の風護摩の焔を吹きあふぐ 髙田正子
花も亦月を照らしてをりにけり 今井肖子
花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那

【花(中七)】
矢印に花のふゞけりいざ行かん  森田峠
眼前にある花の句とその花と 田中裕明
人の上に花あり花の上に人 阪西敦子

【花(下五)】
雀来て障子にうごく花の影 夏目漱石
チチポポと鼓打たうよ花月夜 松本たかし
雪山のどこも動かず花にほふ 飯田龍太
しだれつゝこの世の花と咲きにけり 藤田湘子
永劫の途中に生きて花を見る 和田悟朗
日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】ごきぶり
  2. 【春の季語】二月
  3. 【夏の季語】バナナ
  4. 【春の季語】春風
  5. 【夏の季語】冷房
  6. 【冬の季語】短日
  7. 【春の季語】初音
  8. 【夏の季語】夏の夢

おすすめ記事

  1. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  3. 【夏の季語】梅雨に入る
  4. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  5. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  6. 【春の季語】葱の花
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  8. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  9. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔

Pickup記事

  1. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  2. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 【夏の季語】梅雨の月
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  5. 【秋の季語】檸檬
  6. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  7. 【冬の季語】浮寝鳥
  8. 【春の季語】春の夜
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  10. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
PAGE TOP