冬の季語

【冬の季語】八手咲く

【冬の季語=初冬(11月)】八手咲く

【解説】

初冬に咲き始める「八手の花」が咲くことをいう。


【八手咲く(上五)】
八手咲いて茶坐敷としも見ゆるかな 正岡子規
八ツ手咲いて金の三日月よく光る 渡邊水巴
八ツ手咲く今も昔も路地ぐらし 菖蒲あや

【八手咲く(中七)】

【八手咲く(下五)】
みづからの光りをたのみ八ツ手咲く 飯田龍太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】涅槃絵図
  2. 【夏の季語】父の日
  3. 【冬の季語】白息
  4. 【春の季語】蝶生る
  5. 【春の季語】椿
  6. 【夏の季語】滝
  7. 【冬の季語】小春日和
  8. 【春の季語】初東風

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  2. 【#17】黒色の響き
  3. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  4. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  5. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  6. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  7. 【春の季語】鰊
  8. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  9. 【秋の季語】芋虫
  10. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】

Pickup記事

  1. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  2. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  3. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  4. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  5. 【冬の季語】毛糸編む
  6. 【春の季語】鷹鳩と化す
  7. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  9. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  10. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
PAGE TOP