冬の季語

【冬の季語】梅探る

【冬の季語=晩冬(1月)】梅探る

探梅」をすること。


【梅探る(上五)】
香を探る梅に蔵見る軒端かな 松尾芭蕉

【梅探る(中七)】
軒の柊梅を探るにおぼつかなし 服部嵐雪

【梅探る(下五)】
大寺の一塔頭の梅探る 高野素十
心当てあらぬとはなく梅探る 上田五千石
もう何もなきところまで梅探る 藤崎久を
大仏のうしろの山の梅探る 長谷川櫂
虚子とその仲間のやうに梅探る 西村麒麟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】檸檬
  2. 【秋の季語】花野/大花野
  3. 【秋の季語】運動会
  4. 【夏の季語】夏至
  5. 【冬の季語】忘年会
  6. 【春の季語】四月
  7. 【春の季語】石鹸玉
  8. 【冬の季語】追儺

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】餅花
  2. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  3. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】
  4. 【春の季語】四月馬鹿
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  6. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  8. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  9. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  10. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  2. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】
  3. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  5. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  6. 【春の季語】春泥
  7. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  8. 【夏の季語】蜘蛛
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  10. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
PAGE TOP