季語・歳時記

【春の季語】復活祭

【春の季語=晩春(4月)】復活祭

磔刑にされて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教においては最も重要とされる祭。英語から「イースター」と呼ぶことも多い。

基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。

このころになると実際に街路樹が芽吹き始め、草花の明るい色も目につくようになる。日本よりも緯度の高いヨーロッパでは、冬の暗い時期が日本よりも長いため、「ようやく冬が終わった」という感覚とともにある時期にあたる。


【復活祭(上五)】
復活祭傷口なめて犬ねむる 菖蒲あや
復活祭の卵見てゐる家鴨かな 仙田洋子
復活祭ジャムの中より種が出て 堀切克洋

【復活祭(中七)】
胸に享く復活祭の染卵 石田波郷

【復活祭(下五)】
母と並んで坐る木の椅子復活祭 田川飛旅子
なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
唇づけて子の髪にほふ復活祭 大石悦子
ダイバースーツ烏賊干しにして復活祭 能村研三
野を渡る風に湿りや復活祭 片山由美子
カステラに沈むナイフや復活祭 片山由美子

【その他の季語と】
初燕圃にひるがへり復活祭 古賀まり子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏木立
  2. 【夏の季語】筍
  3. 【冬の季語】鬼やらう
  4. 【冬の季語】マスク
  5. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  6. 【冬の季語】年忘れ
  7. 【春の季語】夕桜
  8. 【冬の季語】掘炬燵

おすすめ記事

  1. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  2. 【新年の季語】初日記
  3. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  4. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  6. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  7. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  8. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  9. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん

Pickup記事

  1. 【春の季語】二月尽
  2. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  3. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  4. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  5. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】
  6. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
  7. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  8. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  9. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  10. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
PAGE TOP