季語・歳時記

【春の季語】うらら

【春の季語=三春(2〜4月)】うらら

柔らかい日差しによって照らされている日のこと。「うららか」とも。


【うらら(上五)】

【うらら(中七)】

【うらら(下五)】
仏唇に朱の残りをりうららなり 林翔
スポンジを握れば泡やうららなる 小澤實


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】初桜
  2. 【冬の季語】冬眠
  3. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  4. 【春の季語】復活祭
  5. 【新年の季語】初厨
  6. 【秋の季語】秋桜
  7. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  8. 【冬の季語】セーター

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬の薔薇
  2. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  3. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  4. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  5. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  6. 【夏の季語】緑蔭
  7. ハイシノミカタ【#3】「街」(今井聖主宰)
  8. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  10. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)

Pickup記事

  1. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  2. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  3. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  4. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  5. 【春の季語】蝶
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年10月分】
  7. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  9. 【#46】大学の猫と留学生
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
PAGE TOP