ハイクノミカタ

汗の女体に岩手山塊殺到す 加藤楸邨【季語=汗(夏)】


の女体に岩手山塊殺到す

加藤楸邨

目覚めると、首筋や脇にじっとり汗を掻いていた。不快。なんだか参っちゃう。じとじとべたべたと、服飾を通してみても不快な感覚はこの上ないし、なによりも体臭は、いや増す限り。朝のシャワーでシャーッと流したい。でもそんな時間ない。エイト・フォーなどの制汗剤の出番の季節になった。汗は嫌われもの。 

 一転、スポーツ界に目を向けてみると、若人の汗は爽やか、美しく、今日日、バレーボールが盛り上がっている。俺も僕も、青少年のころバレーボールをやっていたことがあり、レシーブ練習時、体育館の床面の汗にのたうち回ったこともある。練習中フライングレシーブなど敢行しようものなら、床は忽ち汗で濡れる。その度に膝のサポーターで拭いたりしていた。試合中は無論、モッパーが素早く駆け寄り、ささっと拭き取る。動きにつれて、汗は撒き散らされ、コート面も濡れていようというものだが、あまり意識されたことはない。ブロック、スパイクの瞬間の写真をあとで見ると、夥しく空中に汗が散っていて、こんな水分過多の中で、消耗してるんだなと実感させられたりした。 

 季語は汗。「怒濤(1986)」所収。「岩手山麓にて 八句」と題された連作のなかの一句。岩手山は、標高2,038メートル、岩手県八幡平市、滝沢市、雫石町に跨る奥羽山脈系の成層火山。東の盛岡側から見た姿は、静岡県側から見た富士山に似ていて、その片側が削げているように見えることから「南部片富士」とも呼ばれている。 

 「汗の女体」が「岩手山塊」へ殺到するのではなく、「汗の女体」へ「岩手山塊」が殺到してしまっているかのような感じがするというのである。女体と岩手山塊が混然一体となっている想念のなかの女体だ。こうしたイメージが彷彿するのは、「汗の女体へ」ではなく、「汗の女体に」とした「に」の助詞の重さだろう。 

 この句はおそらく昭和59年の6月に「東北寒雷人の集い」で、盛岡、八幡平を訪ねた時の作であろう。この時楸邨は79歳、妻知世子は75歳。知世子には少しずつ、死の影が迫って来ていたが、この句の知世子はこの上なく躍動している。 

 楸邨は鉄道員の父の転勤に伴い、東京、東北、北陸の各地を転々としているが、東北の一ノ関は楸邨にとっては、啄木の歌に熱中して、北上川の辺りを「やはらかに柳青める北上の岸辺目に見ゆ泣けとばかりに」「夜寝ても口笛吹きぬ口笛は十五の吾の歌にしありけり」などの歌を愛誦して歩いた運命的な場所であり、悲しみや苛立たしさなど、多感な時期を過ごした思い出深い場所であっただろう。それだけに岩手山を臨みながら歩いた時の感慨は、計り知れないものがあったのではないか。 

 この句は、芭蕉が那須野で詠んだ一句を想起させる。「奥の細道」には載っていないが、曾良の「書留」に、「秋鴉主人の佳景に対す」という前書の付いた、「山も庭にうごき入るゝや夏ざしき」という句だ。芭蕉の句も、楸邨の句も気力が横溢している。 

 楸邨は「女体」を詠み込んだ句を幾つか成している。 

 永平寺出て炎天の女体かな 

炎昼の女体のふかさはかられず 

息白く泣けば女体はぬくもらむ 

芹匂ふ嗅ぎつつ女体とりもどす 

女体の奥鳴りいだすごとく羽子をうつ 

いなびかり女体に声が充満す 

蜜柑買ひて爆心地踏むよ一女体 

 このように艶っぽい句もまた魅力の一つである。

中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
中嶋憲武(なかじま・のりたけ)
昭和35年(1960)東京生まれ。
平成6年(1994)「炎環」入会。作句をはじめる。 平成11年(1999)「炎環」新人賞。
平成12年(2000)「炎環」同人。
平成21年(2009)炎環賞。炎環エッセイ賞。
平成29年(2017)銅版画でANY展(原宿)参加。電子書籍「日曜のサンデー」。
平成30年(2018)攝津幸彦記念賞優秀賞。
平成31年(2019)第0句集「祝日たちのために(港の人)」。 「炎環」「豆の木」「豈」所属。
山岸由佳さんとの共同サイト「とれもろ」toremoro.ne.jp
「週刊俳句」で西原天気さんと「音楽千夜一夜」連載中。

祝日たちのために
中嶋憲武 著
(港の人、2019年)
価格 1650円(税込)
ISBN 978-4896293623

2018年、第4回攝津幸彦記念賞・優秀賞を受賞した気鋭の俳人の、句(120句)+銅版画(13点)+散文(17篇)を収めたユニークな第一句集。句は2018年にツイッターで呟いたツイッター句であり、時代の風景にスリリングに迫っている。

■収録作品より
蟻塚を越え来て淋しい息つく
夏炉あかるく人語に星を数へ得ず
海の鳥居の晩春の石は鳥になる
手が空いてゐる月白の舟を出す
葛湯吹いて馬の体躯の夜がある


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年6月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔5〕早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔
>>〔6〕夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生
>>〔7〕鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美
>>〔8〕缶ビールあけて東京ひびきけり 渡辺一二三

【2024年6月の水曜日?☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔124〕留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子
>>〔125〕金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし

【2024年6月の木曜日☆中嶋憲武のバックナンバー】
>>〔1〕赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂
>>〔2〕街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平
>>〔3〕楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男

【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男
>>〔2〕本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明
>>〔3〕夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり
>>〔4〕菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々
>>〔7〕主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな
>>〔8〕青嵐神社があったので拝む 池田澄子
>>〔9〕万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
>>〔5〕しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生
>>〔6〕パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子
>>〔7〕ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】…
  2. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  3. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  4. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  5. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
  6. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  7. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  8. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  2. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  3. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  5. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  6. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  7. 動かない方も温められている 芳賀博子
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  9. 【冬の季語】水仙
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二

Pickup記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  3. 【春の季語】春野
  4. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  5. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  7. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  8. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  9. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  10. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
PAGE TOP