冬の季語

【冬の季語】蓮根掘る

【冬の季語=初冬(11月)】蓮根掘る

【ミニ解説】

蓮根」(れんこん)は、秋から冬にかけてが最盛期。

俳句では「蓮根掘る」や「蓮根掘」が初冬の季語とされています。


【蓮根掘る(上五)】
蓮根掘る観音さまの雲に乗り 和田浩一

【蓮根掘る(中七)】
掘り出せし蓮根のくびれそれぞれに 山口啓介

【蓮根掘る(下五)】
逃ぐる水あつまる水や蓮根掘る 大橋桜坡子
父親に力ありけり蓮根掘る 西村麒麟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】早梅
  2. 【春の季語】針供養
  3. 【夏の季語】夕立
  4. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  5. 【春の季語】四月
  6. 【秋の季語】秋分の日
  7. 【春の季語】夕桜
  8. 【夏の季語】出梅

おすすめ記事

  1. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  3. 【春の季語】鴨帰る
  4. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  5. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  6. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  7. 【新年の季語】初夢
  8. 【冬の季語】年忘れ
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  10. 【夏の季語】海の家

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  3. 【冬の季語】枯芝
  4. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  5. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  6. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】
  7. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  8. 【新年の季語】初句会
  9. 【新年の季語】門の松
  10. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
PAGE TOP