ハイクノミカタ

かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】


かいつぶり離ればなれはいい関係

山﨑十生
(『花鳥諷詠入門』)

 学生の頃、『THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則』という恋愛マニュアル本が流行った。内容を大雑把に要約すると、結婚したい男性とは付かず離れずの態度を取れということであったと記憶している。自分から「逢いたい」と言ってはいけないとか、初デートでは食事の後はすぐ帰れとか、結婚をほのめかしてはいけないとか。著者はニューヨーク在住の女性なので、日本の恋愛ルールには当てはまらないことも多かった。でも、恋人とは四六時中一緒にいたいと願いひたすら尽くし、振られてきた私には、バイブルの書となった。同時期に恋愛相談をした年上の男性も言っていた。「男性は惚れられたら逃げる」と。人を好きになって恋が始まる。それは大切な一歩。だけれども夢中になってはいけない。相手の重荷にならないように適度な距離を保つのも大切な気遣いなのだ。

 若い頃の恋は、自分のことを分かって欲しいという気持ちばかりが先走って、相手の事情を察することができなかった。仕事で悩んでいる男性に「手料理を作ったから逢いに来て」と言う行為が、相手の負担になるとは知りもしなかった。ただ、逢いたくて逢いたくて、その気持ちを表したかっただけなのに。前日の夜から手間暇をかけて作った完璧な料理の数々。確かに重い。その激しい想いは、疲れきった男性の安らぎにはならずプレッシャーをかけていたのだ。

 手痛い失恋の直後に恋愛マニュアル本を読み、年上男性の助言を信じてからの私は、感情をコントロールすることを心がけるようになった。さらには、試行錯誤の上に自分の恋愛マニュアルを組み立てた。会社の仕事もそうだが、恋愛もマニュアル通りにはいかないものだ。

 20代半ばに知り合った男性は、とある企業の営業マン。恋の切っ掛けは私が用意した。映画に誘っただけなのだが。押しては引いてを繰り返し、交際まで漕ぎ着ける。交際してからは、適度な距離を保った。相手の忙しさを考慮した上で、「逢いたい」とは言わなかった。愛されたい気持ちを押し殺して、精一杯の強がりも吐いた。でも、どこかで見透かされていたのだろう。ある時「俺は、仕事も忙しいし、友人も大事にしたいし、趣味も捨てられない。もっと一緒に居てくれる相手を探したら」と言われた。若い私は、言葉の裏側にある淋しさに気付けなかった。「では、そうします」と答えた。「逢えなくても好き」とか「待ってるから」とか言えば良かったのかな。プライドが高かったと言われれば、その通りだ。まさか、その後からしつこく追い回されるとは思ってもいなかった。突き放されたから諦めた。諦めた瞬間に恋が冷めた。追いかけてくれたことは、嬉しかったが寄りを戻す気にはなれなかった。

 恋人と距離を持ったことにより愛されていることを知り、恋を失った。距離を持つことは、必要だけれども、距離を縮めることも大切だ。男女の恋の熱には少々の時間のズレがある。相手の発している信号を読み取り、近付いたり離れたりを繰り返さなければならない。男女の恋の時間差や距離感を把握できれば、恋の魔術師になれるのだろう。

  かいつぶり離ればなれはいい関係   山﨑十生

 おしどり夫婦という言葉があるが、水鳥の多くはつがいで行動する。餌を食む時も飛び立つときも一緒。子育ても一緒にする。同じ水鳥でも「かいつぶり」の夫婦は、離れて行動する。一緒に居る時もあるのだが、肉食ということもあり、それぞれ別の魚を追いかける。巣作りの時も役割分担がはっきりしている。オスは枝を集めて浮巣を作る。妊娠中のメスはひたすら狩りをする。出産後は、メスは巣の上で育児に専念。オスは、一日中狩りをして食事を運ぶ。雛鳥が泳げるようになっても、メスは子供を誘導し、オスは少し離れたところから見守っている。一緒に居る時間が少ない夫婦である。

 尽くしすぎる女性がいた。交際3年目の時、男性の仕事の事情で遠距離恋愛になった。女性は、男性に飽きられていることを心のどこかで察していたのだが、遠距離になった途端、毎日電話がくるようになった。近くにいた時は、電話をしても出てくれなかったのに。紆余曲折のすえに一緒に暮らすことになる。慣れない土地での生活。帰りの遅い男性を責めてしまう日が続き別れた。その後、その女性は男性不信に陥ったが、とある男性から口説かれて尽くされて、結婚に至った。子供が成人した今も仲の良い夫婦とか。失恋の反省を活かして、夫との距離をコントロールしたから幸せを得たのだと理解している。

 男性は、追いかけるのが好き。愛されたい尽くされたい気持ちもあるのだが。ベタベタめそめそは面倒なのだろう。本当は体当たりで惚れて欲しいけれど、それを受け止められるほどの余裕がないのだ。男性は、闘わなくてはならない本能があるから。常に上を目指せと教育されてきたから。だから、逢いたい気持ちをぐっと堪えて適度な距離を保つ女性を追いかけ、時折見せる笑顔に安らぎを感じるのだ。

 頭では分かっているのだが、私は本来、ベタベタめそめその面倒な女である。若い頃に読んだ恋愛マニュアルを実行して夫を手に入れた。結婚して分かったのだが夫もベタベタめそめその性格でとにかく離れがたい。しかも俳人夫婦である。句会ではいつも隣に座る。吟行の時も一緒に行動する。結婚する前は、お互い親友がいて、不器用な夫も私もその親友といつもベタベタと一緒にいた。結婚してからは、夫と私がいつも一緒にいるので、それぞれの親友から怒られた。「離れなさい」と。「一緒に居たら、同じような俳句しか作れないでしょ」。全くその通りだ。さらには私の年上の親友は夫に言ったらしい。「あの子は、いつも私の後ばかり付けていたのに、今は貴方の後ばかり付けている。私の親友を奪わないで」と。友人の少ない私がいつもベタベタしていて疎ましがられていると思っていたのに。憧れの先輩であった女性は、距離ができて本当の親友になれたのだ。

 またある時、カップル吟行句会があった。参加者は夫婦か恋人同士。私達夫婦は当然のように一緒にいる。ところが他のカップルは、それぞれ別々の場所で俳句を詠んでいる。飲み会でも別々の場所に座り、参加者と交流を深めている。そうかと思うと、時々目を合わせて微笑んでいる。なんだか刺激的。離ればなれも良いなと思った。

篠崎央子


篠崎央子さんの句集『火の貌』はこちら↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】

>>〔81〕消すまじき育つるまじき火は埋む  京極杞陽
>>〔80〕兎の目よりもムンクの嫉妬の目   森田智子
>>〔79〕馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子
>>〔78〕息触れて初夢ふたつ響きあふ    正木ゆう子
>>〔77〕寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ   小路智壽子
>>〔76〕服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋
>>〔75〕山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子
>>〔74〕恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美
>>〔73〕待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音
>>〔72〕男色や鏡の中は鱶の海       男波弘志
>>〔71〕愛かなしつめたき目玉舐めたれば   榮猿丸
>>〔70〕「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉
>>〔69〕しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫
>>〔68〕背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男
>>〔67〕木犀や同棲二年目の畳       髙柳克弘
>>〔66〕手に負へぬ萩の乱れとなりしかな   安住敦
>>〔65〕九十の恋かや白き曼珠沙華    文挾夫佐恵
>>〔64〕もう逢わぬ距りは花野にも似て    澁谷道
>>〔63〕目のなかに芒原あり森賀まり    田中裕明
>>〔62〕葛の花むかしの恋は山河越え    鷹羽狩行
>>〔61〕呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉  長谷川かな女
>>〔60〕あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信
>>〔59〕滴りてふたりとは始まりの数    辻美奈子
>>〔58〕みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな   筑紫磐井
>>〔57〕告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子
>>〔56〕愛されずして沖遠く泳ぐなり    藤田湘子
>>〔55〕青大将この日男と女かな      鳴戸奈菜
>>〔54〕むかし吾を縛りし男の子凌霄花   中村苑子
>>〔53〕羅や人悲します恋をして     鈴木真砂女
>>〔52〕ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子
>>〔51〕夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子
>>〔50〕跳ぶ時の内股しろき蟇      能村登四郎
>>〔49〕天使魚の愛うらおもてそして裏   中原道夫
>>〔48〕Tシャツの干し方愛の終わらせ方  神野紗希
>>〔47〕扇子低く使ひぬ夫に女秘書     藤田直子
>>〔46〕中年の恋のだんだら日覆かな    星野石雀
>>〔45〕散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの
>>〔44〕春の水とは濡れてゐるみづのこと  長谷川櫂
>>〔43〕人妻ぞいそぎんちやくに指入れて   小澤實
>>〔42〕春ショール靡きやすくて恋ごこち   檜紀代
>>〔41〕サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓


>〔40〕さくら貝黙うつくしく恋しあふ   仙田洋子
>〔39〕椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
>〔38〕沈丁や夜でなければ逢へぬひと  五所平之助
>〔37〕薄氷の筥の中なる逢瀬かな     大木孝子
>〔36〕東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜
>〔35〕永き日や相触れし手は触れしまま  日野草城
>〔34〕鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女
>〔33〕毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子
>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵

>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  2. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  3. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  4. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】
  5. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  6. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  7. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  8. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)…

おすすめ記事

  1. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  2. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  3. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  4. 【夏の季語】蜘蛛
  5. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  6. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  7. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  8. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  9. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  10. 【冬の季語】鬼やらう

Pickup記事

  1. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  2. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  4. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  5. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  8. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  9. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第71回】 志摩と友岡子郷
PAGE TOP