ハイクノミカタ

服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

服脱ぎてサンタクロースになるところ

堀切克洋
(『尺蠖の道』)

 サンタクロースが存在しないことを知ったのは、8歳の時。父の職場の同僚がクリスチャンで教会のクリスマスパーティーに呼ばれた。聖夜劇も讃美歌も子供の私には限りなく美しいものに映った。教会の出口で貰った絵本は「サンタクロースは本当にいるのでしょうか」というタイトル。家に帰って何度も読み返した。「サンタクロースはあなたの心の中にいるのです」と書かれていたのを記憶している。それは、とても衝撃的な結論であった。

 そんな私に希望を与えてくれた歌が松任谷由実の「恋人がサンタクロース」である。高校受験を控えた12月の土曜日の午後、友人たちと参考書を買いに出かけた街角で流れていた。私が「そうか、サンタクロースは恋人なのよ」と大声を上げると友人たちは「この歌知らなかったの?いまさら、何を言っているのやら」と大笑いされた。バブル期も終わりに近付いた頃の12月の街角は、サンタクロースで溢れていた。

 大学時代、クリスマス時期限定のケーキ販売のアルバイトが流行った。寒風が吹きすさぶ街角でサンタクロースらしき格好をしてケーキを売る仕事である。日給で1万円ほど貰えたと思う。22日から26日まで働けば、年末にスキーが楽しめるぐらいは稼ぐことができた。アルバイト仲間の男女は、当然ながら恋人がいないので、売場は合コン状態。不思議とサンタクロースらしき格好をすると男性も女性も数割増しで素敵に見えてしまう。客足が少ない時間帯は雑談をして、忙しい時はお互いをフォローし合う。監視役の社員に怒られたり褒められたりする時も一緒。アルバイト仲間は、その後も交流を持ち忘年会もするし、初詣もする。沢山の恋人達が生まれるが、期間限定のアルバイトから始まった恋は、やはり期間限定。長続きはしない。でも、寒い街角で白い息を交わしながら笑い合ったときめきは忘れがたいクリスマスの想い出となる。

 今でも、商店街でサンタクロースらしき格好をしてケーキやローストチキンを売る若き男女を見ると、変な妄想が湧いてくる。きっと、あの男性は閉店間際に売れ残ったケーキやローストチキンを買取り、アルバイト仲間の女性に言うのだろう。「これから、二人だけでクリスマスパーティーをしないかい」なんてね。

  服脱ぎてサンタクロースになるところ  堀切克洋

 クリスマスイブの夜にサンタクロースらしき格好をして働くのは、正直淋しい。私が描く理想のクリスマスイブの過ごし方は、大好きな人とディナーを楽しみプレゼントを交換し、ワインを飲みながらケーキを食べる。そして聖樹の灯が点滅する部屋で愛し合い、永遠を誓う。

 そんな、夢見る乙女である私のサンタクロースになってくれた人は、夫しかいなかった。恋多き私なのだが、30歳を過ぎるまでクリスマスイブに逢ってくれた恋人がいなかった。それは、私がちょっとひねくれた男性しか好きにならなかったからである。「伴天連の祭の日に日本人の世俗の作り上げた変な常識に縛られて、経済に貢献する必要は無い」という考え方を持った男性。私の自己責任でしかない。クリスマスは稼ぎ時、働いて稼いでなんぼのもんじゃい、と強がってみたこともある。

 24歳のクリスマスイブのことであった。大学院生の私は、図書館の書庫に籠もって研究書を漁っていた。なぜなら、数回デートを重ねた男性に「クリスマスイブの夜は一緒に過ごしませんか?」と誘ったら「僕の恋人ではない君と一緒に過ごす筋合は無い」と言われてしまったからだ。夜の8時、実家の姉から「何してるの?村では、みんなサンタクロースの格好をして、私の焼いたローストチキンとケーキを食べています」というメールがあった。「修士論文を書くため、書庫にいます」と返信したら「淋しい奴」との返事。急にどうしようもない孤独に襲われた。クリスマスの雰囲気を味わいたくて街をさ迷っていたら、意中の男性と遭遇した。花屋の前でシクラメンの花を眺めていた時である。男性は三千円のシクラメンの鉢を買ってくれた。その後も無言で歩いていたら不二家の三千円のケーキを買ってくれた。でも「恋人ではない」と言われてしまった以上、一緒にいることはできない。お礼を告げて駅前で別れた。その数日後、告白されたが気持ちは冷めていた。男性の言い訳は「恋人になって下さい」という私の言葉を待っていたとか。男心が分からなかった純情な私のほろ苦い体験である。

 当該句は、クリスマスイブの夜に人の幸せに貢献するためサンタクロースの格好をしようとしているのだろう。ある特定の女性のためにサンタクロースになっているわけではない。だが、作者は伊藤伊那男氏の弟子である。おどけたような句も詠むが真実はどうだったのであろう。妄想女子としては、服を脱いで、真っ裸になった自分こそが貴女のサンタクロースなのだと思いたいところである。

篠崎央子


篠崎央子さんの句集『火の貌』はこちら↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】

>>〔75〕山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子
>>〔74〕恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美
>>〔73〕待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音
>>〔72〕男色や鏡の中は鱶の海       男波弘志
>>〔71〕愛かなしつめたき目玉舐めたれば   榮猿丸
>>〔70〕「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉
>>〔69〕しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫
>>〔68〕背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男
>>〔67〕木犀や同棲二年目の畳       髙柳克弘
>>〔66〕手に負へぬ萩の乱れとなりしかな   安住敦
>>〔65〕九十の恋かや白き曼珠沙華    文挾夫佐恵
>>〔64〕もう逢わぬ距りは花野にも似て    澁谷道
>>〔63〕目のなかに芒原あり森賀まり    田中裕明
>>〔62〕葛の花むかしの恋は山河越え    鷹羽狩行
>>〔61〕呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉  長谷川かな女
>>〔60〕あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信
>>〔59〕滴りてふたりとは始まりの数    辻美奈子
>>〔58〕みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな   筑紫磐井
>>〔57〕告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子
>>〔56〕愛されずして沖遠く泳ぐなり    藤田湘子
>>〔55〕青大将この日男と女かな      鳴戸奈菜
>>〔54〕むかし吾を縛りし男の子凌霄花   中村苑子
>>〔53〕羅や人悲します恋をして     鈴木真砂女
>>〔52〕ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子
>>〔51〕夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子
>>〔50〕跳ぶ時の内股しろき蟇      能村登四郎
>>〔49〕天使魚の愛うらおもてそして裏   中原道夫
>>〔48〕Tシャツの干し方愛の終わらせ方  神野紗希
>>〔47〕扇子低く使ひぬ夫に女秘書     藤田直子
>>〔46〕中年の恋のだんだら日覆かな    星野石雀
>>〔45〕散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの
>>〔44〕春の水とは濡れてゐるみづのこと  長谷川櫂
>>〔43〕人妻ぞいそぎんちやくに指入れて   小澤實
>>〔42〕春ショール靡きやすくて恋ごこち   檜紀代
>>〔41〕サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓


>〔40〕さくら貝黙うつくしく恋しあふ   仙田洋子
>〔39〕椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
>〔38〕沈丁や夜でなければ逢へぬひと  五所平之助
>〔37〕薄氷の筥の中なる逢瀬かな     大木孝子
>〔36〕東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜
>〔35〕永き日や相触れし手は触れしまま  日野草城
>〔34〕鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女
>〔33〕毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子
>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵

>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  2. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  3. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  4. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  5. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  6. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  7. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  8. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP