ハイクノミカタ

青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青大将この日男と女かな

鳴戸奈菜
(『イヴ』)


 青大将は、蝮とともに日本人には馴染みのある蛇である。大将と呼ばれるだけあって、太いし長い。蛇は、古代より神の化身であった。『古事記』の八岐大蛇(やまたのおろち)は、八つの頭を持つ蛇だが毎年、村の娘を奪ってゆく。『日本書紀』の三輪山の神は、夜は貴人として姫を訪れていたが朝になると蛇に変わっていた。蛇は水の神であり、また、光を帯びた刀剣や男性自身の象徴でもある。素戔嗚尊(すさのおのみこと)が退治した八岐大蛇の尾の中から出てきたのは、草薙剣である。刀剣は男性の権力を意味する。

 道成寺伝説では、一夜の宿を求めた僧侶安珍に清姫が一目惚れし、裏切られたことを知ると大蛇となって追い、最後には道成寺の鐘の中に逃げた安珍を焼き殺す。道成寺伝説の蛇は、女の情念の変化した姿である。蛇は神の化身として崇拝される一方で、その不気味な形状や毒性などから嫌われる対象でもある。

 数年前のことである。梅雨明けの公園を夫と歩いていた。小道を塞ぐようにして一本の太い枝が横たわっている。近付いてゆくと枝は急にうねり始め蛇と化した。驚いた私が悲鳴をあげて夫に抱きついた。蛇はゆっくりと池の茂みに潜っていった。通りかかった年配の男性が「青大将だよ。この公園では時折見かけるよ。蛇に驚いて抱きついてくるような可愛い奥さんがいて羨ましいね。」と言った。夫は、青大将を観察したかったのに私が叫んだため逃げてしまったと怒っていた。「この人は、毛虫を見ても大騒ぎするので、うるさいだけです。」と言った。そういえば吟行句会でも、青葉からぶら下がる毛虫に怯えた私が夫に抱きついて、仲間から冷やかされたことがあった。蛇や毛虫に悲鳴をあげていたら俳句は詠めないのだ。でも、結婚する前は、蛇や毛虫に驚き抱きつく私の頭を撫でて「蛇も毛虫も一生懸命生きているのだから、嫌ってはいけないよ。」などと言ってくれたのに。

  青大将この日男と女かな   鳴戸奈菜

 肉体関係にない清らかな男女が森林などを歩いていたのだろう。青大将に遭遇し、女性は男性に抱きついた。ふとしたハプニングにより体が触れ合い、抱きしめ合った。その日、初めて男女は結ばれたのだ。そんな内容の句として理解していた。

 とある城跡公園の石垣にて、雌雄の蛇が交尾をしているのを見かけたことがある。観光客がみな足を止めて交尾を眺めていた。自分を襲う可能性のない蛇は、怖くはない。私も立ち止まって見ていた。二匹の蛇は、石垣の隙間を埋めるようにして、ぬらぬらと光る鱗を擦り合いながら絡み続ける。何ともエロティックな光景であった。若いカップルがぎこちなく手を繋ぎながら、恍惚とした表情で蛇の交尾を見守っていた。私は直感した。今日、二人は結ばれるであろうと。

 高校生の頃、近所にオープンした爬虫類専門のペットショップに男女6人ぐらいで冷やかしに行ったことがある。ガラス越しに見る蜥蜴や蛇は愛らしい顔をしていた。私が気に入ったのは、値下げ札の掛かった青大将の大水槽。立て掛けてある枝に身を巻き付けながら、登ったり降りたりを繰り返していた。不思議だなと思う気持ちと美しいと思う気持ちが交差した。気が付くと淡い恋心を抱いていた少年が隣に立っており、無言で青大将を眺めていた。鱗を擦りつつ動く青大将を見ていたら、急に怖くなって何も言わずにその場を立ち去った。蛇には、性の衝動をかきたてる艶めかしさがある。と同時に枝に絡みつく長い体と濡れたような鱗は、性への嫌悪感も湧き上がらせる。少年の目には、どのように映っていたのか。今考えると勿体ないことをしたものだ。

篠崎央子


【鳴戸奈菜さんの『言葉に恋して―現代俳句を読む行為』はこちら ↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】

>>〔54〕むかし吾を縛りし男の子凌霄花   中村苑子
>>〔53〕羅や人悲します恋をして     鈴木真砂女
>>〔52〕ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子
>>〔51〕夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子
>>〔50〕跳ぶ時の内股しろき蟇      能村登四郎
>>〔49〕天使魚の愛うらおもてそして裏   中原道夫
>>〔48〕Tシャツの干し方愛の終わらせ方  神野紗希
>>〔47〕扇子低く使ひぬ夫に女秘書     藤田直子
>>〔46〕中年の恋のだんだら日覆かな    星野石雀
>>〔45〕散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの
>>〔44〕春の水とは濡れてゐるみづのこと  長谷川櫂
>>〔43〕人妻ぞいそぎんちやくに指入れて   小澤實
>>〔42〕春ショール靡きやすくて恋ごこち   檜紀代
>>〔41〕サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓


>〔40〕さくら貝黙うつくしく恋しあふ   仙田洋子
>〔39〕椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
>〔38〕沈丁や夜でなければ逢へぬひと  五所平之助
>〔37〕薄氷の筥の中なる逢瀬かな     大木孝子
>〔36〕東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜
>〔35〕永き日や相触れし手は触れしまま  日野草城
>〔34〕鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女
>〔33〕毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子
>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵

>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  2. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  3. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  4. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】…
  5. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  6. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  7. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)…
  8. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP