冬の季語

【冬の季語】冬の水

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬の水

【解説】

冬の水。冬ならではの透明感と冷ややかさがある。

なんといっても、

冬の水一枝の影も欺かず 中村草田男

が有名な一句。


【冬の水(上五)】
冬の水一枝の影も欺かず 中村草田男
冬の水わが身をながれ細りけり 高屋窓秋
冬の水すこし掬む手にさからへり 飯田蛇笏
冬の水呑んで動かす喉佛 老川敏彦
冬の水熱ある口にやはらかき 林翔
冬の水突つつく指を映しけり  千葉皓史

【冬の水(中七)】

【冬の水(下五)】
うつる灯のしづかに深く冬の水 高濱年尾
ただひとりにも波を打つ冬の水 塩野谷仁
命あるものは沈みて冬の水 片山由美子
啄めばちりちり鳴らむ冬の水 夏井いつき
翡翠の過ぎたるのちの冬の水 藤井あかり


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  2. 【冬の季語】冬野
  3. 【新年の季語】宝船
  4. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  5. 【冬の季語】毛糸
  6. 【冬の季語】毛糸編む
  7. 【冬の季語】今朝の冬
  8. 【冬の季語】大年

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  3. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  5. 【新年の季語】松飾
  6. 【夏の季語】夜の秋
  7. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  8. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  9. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん

Pickup記事

  1. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  2. 【春の季語】魚氷に上る
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  4. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  5. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  7. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  8. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  9. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  10. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
PAGE TOP