季語・歳時記

【春の季語】芹

【春の季語=三春(2月〜4月)】芹

「春の七種」のひとつ。水田の畔道や湿地などに生え、野菜として栽培もされている。

独特の香味とシャキシャキとした歯触りが特徴。


【芹(上五)】
芹の水照るに用心忘れた鶏 波多野爽波
芹の水言葉となれば濁るなり 橋閒石
芹なづなすずなすずしろ食うべけり 大石悦子
芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々

【芹(中七)】
ほのぼのと芹つむ火宅こそよけれ 橋閒石

【芹(下五)】
蟬丸のかがやきて汲む芹の水 冬野虹


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】白菜
  2. 【秋の季語】運動会
  3. 【冬の季語】八手の花
  4. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  5. 【夏の季語】草ロール
  6. 【春の季語】立春
  7. 【秋の季語】秋の空
  8. 【春の季語】葱坊主

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の月
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  3. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  4. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  5. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  6. 【冬の季語】冬林檎
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  8. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  9. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  10. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  2. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  3. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  4. 【春の季語】春分の日
  5. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  6. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
  7. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  8. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
PAGE TOP