夏の季語

【夏の季語】蟇

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】

【ミニ解説】「ひき」「がまがえる」「がま」とも呼ばれ、蟇、蝦蟇、蝦、蟾蜍などの漢字をあてる。 体長は十~十五センチくらい。


【蟇(上五)】
蟇ひたすら月に迫りけり 宮沢賢治
蟇ないて唐招提寺春いづこ 水原秋櫻子
蟇歩くさみしきときはさみしと言へ 大野林火
ひきがへる跳びて揃はぬ後ろ足 伊藤伊那男

【蟇(中七)】
つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女
猫好きと犬好きと蟇好き 杉田菜穂

【蟇(下五)】
跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎
鼻さきに藻が咲いてをり蟇 飴山實
石棺に窓なかりけり蟇 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】水鳥
  2. 【夏の季語】クーラー
  3. 【春の季語】四月馬鹿
  4. 【春の季語】春の雨
  5. 【春の季語】紙風船
  6. 【冬の季語】冬木の芽
  7. 【春の季語】うららか
  8. 【春の季語】鴨引く

おすすめ記事

  1. ミャンマーを思う
  2. 【春の季語】雛祭
  3. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  5. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  8. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  9. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  10. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】

Pickup記事

  1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  2. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  3. 【冬の季語】蓮根
  4. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  5. 【馬の俳句】
  6. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  7. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  8. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  9. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  10. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
PAGE TOP