夏の季語

【夏の季語】バナナ

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】バナナ

栄養たっぷり。

川を見ているときに、皮が落ちる可能性があるので注意すること。


【バナナ(上五)】
バナナ熟れ礁の月は夜々青し 神尾季羊
バナナの葉うなづき星はまばたきて  香西照雄
バナナむく器用不器用なかりけり   稲畑汀子
バナナの皮バナナの如く反りゐたる 西生ゆかり

【バナナ(中七)】
ぬれてうつくしいバナナをねぎるな 種田山頭火
川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子
やや青きバナナの房ゆちぎりあふ  篠原梵
海は照り青きバナナの店ならぶ 田村木国
美しくバナナの皮をたゝみけり  高浜朋子
夢のやうなバナナの当り年と聞く 上田信治
Tシャツに曰くバナナの共和国  太田うさぎ
幾らでもバナナの積めるオートバイ 橋本直
捨てられしバナナの皮と本の帯 杉山久子
皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人
コンビニやバナナ一本ずつ売られ 神野紗希

【バナナ(下五)】
東京に見捨てられたる日のバナナ  澤田和弥

【その他】
真夜中のバナナごろんと春立ちぬ  鍵和田秞子
遠足の集まつてすぐ出すバナナ   阪西敦子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】三椏の花
  2. 【冬の季語】冬の蝶
  3. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  4. 【秋の季語】蛇穴に入る
  5. 【春の季語】屋根替
  6. 【春の季語】春
  7. 【冬の季語】冬木
  8. 【冬の季語】豆撒く

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】年惜む
  2. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  4. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  6. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  7. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  8. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
  9. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】

Pickup記事

  1. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  2. 【夏の季語】夏至
  3. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  4. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  5. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  7. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  8. 【春の季語】日永
  9. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  10. 【冬の季語】鮟鱇
PAGE TOP