冬の季語

【冬の季語】おでん

【冬の季語=三冬(11〜1月)】おでん

平安時代に田楽(でんがく)という芸能があった。音楽に合わせて舞踏したり曲芸を披露するもので、鎌倉時代には演劇化されて田楽能となる。田楽能はいまもつづく能の成立に影響を与えている。

田楽の曲芸には、二本の棒の上に一方の横木をはめた高足(たかあし)に乗って飛び跳ねる芸があったらしい。これが味噌をぬった豆腐に串を刺して焼いた料理――田楽豆腐の語源になったといわれている。見た目が似ていたのだろう。田楽豆腐の調理法は豆腐以外にまで広がり、田楽焼き、煮込み田楽などが生まれた。

なぜ長々と田楽の話をしたのかというと、「煮込み田楽」に女房言葉である「お」をつけたものが「煮込みおでん」、つまり「おでん」の語源とされているからだ。

関東で生まれた煮込み田楽は関西には「関東煮(だき)」として広まり、上品でまろやかな味わいに変化すると、再度関東に逆輸入された。だからいまの「おでん」はやさしい味わいになっているが、関西の「関東煮(だき)」は関東に逆輸入されたあとも変化をつづけ、いまではより上品な味わいになっているらしい。

なお、「おでん」は関東大震災以後に広まったといわれている。関東大震災が1923年、そろそろ「おでん」も百周年だろうか。「おでん」は「おでん屋」にかぎらずスーパーやコンビニエンスストアでも買えるようになった。


【おでん(上五)】
おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子 
おでんやに借を残して世を去りし 中谷楓子
おでん屋に同じ淋しさおなじ唄 岡本眸
おでん煮えさまざまの顔通りけり 波多野爽波
おでん食ふ今渡り来し湖を背に 古谷実喜夫
おでん酒貧乏ゆすりやめ給へ 倉橋羊村
おでん屋の小さくなつて仕込みをり 中西亮太
おでん揺れるエレベーターに入るとき 今泉礼奈

【おでん(中七)】
戸の隙におでんの湯気の曲がり消え 高浜虚子
何人にならうとおでん煮てをけば 田畑美穂女
眼鏡玉くもるとおでん旨くなる 谷村悦子
仲直りしたくておでん温める 瀬戸優理子
たましひの寄り来ておでん屋が灯る 北大路翼
コンビニのおでんが好きで星きれい 神野紗希
後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎

【おでん(下五)】
飲めるだけのめたるころのおでんかな 久保田万太郎
河馬の背のごときは何ぞおでん酒 上田五千石
大根細く侘しきことやおでん鍋 中江百合
看板の裏がならべるおでん食ふ 福日立杭
どこまでが本当の話おでん煮る 佐々木輝美

【その他】
がんもどき、あなた、だいこん、たまご、ぼく 滝浪貴史


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】啄木忌
  2. 【冬の季語】鼻水
  3. 【春の季語】魚氷に上る
  4. 【春の季語】梅
  5. 【春の季語】うららか
  6. 【春の季語】引鴨
  7. 【夏の季語】海の家
  8. 【冬の季語】風邪

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】毛糸編む
  2. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  3. 【冬の季語】時雨
  4. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  5. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  6. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  8. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  9. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  10. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】

Pickup記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  2. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  4. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  5. 【冬の季語】寒の内
  6. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  7. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  8. 【秋の季語】秋分
  9. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(5)/対中いずみさん
PAGE TOP