季語・歳時記

【春の季語】桜蘂降る

【春の季語=晩春(4月)】桜蘂降る

桜の花びらが散ったあと、萼やと蕊が落ちること。

やや地味な(濃い赤色の)色合いではあるが、よく見ると、たくさん落ちている。


【桜蘂降る(上五)】
さくらしべ降る歳月の上にかな 草間時彦
桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸
桜蘂降る東北のこと語らざる 星野昌彦
桜蕊降るやをさなの砂の城 大島英昭
桜蘂散り敷く土を蠅去らず 日原傳
降りしきる桜蘂もう誰も見ず 西宮舞
桜蘂未踏の青に降りにけり 仮屋賢一

【桜蘂降る(中七)】

【桜蘂降る(下五)】
ジャングルジムすり抜け桜蘂の降る 生駒大祐


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】春待つ
  2. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  3. 【秋の季語】梨
  4. 【冬の季語】春近し
  5. 【冬の季語】探梅
  6. 【新年の季語】獅子頭
  7. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  8. 【秋の季語】秋高し

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の雨
  2. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  3. 【冬の季語】冬帽子
  4. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  5. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  6. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  7. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  8. 【秋の季語】星月夜
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  10. 【新年の季語】七種(七草)

Pickup記事

  1. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  2. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  4. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  5. 【秋の季語】九月
  6. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  7. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  8. 【冬の季語】冬の蝶
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  10. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
PAGE TOP