季語・歳時記

【春の季語】雲雀

【春の季語=三春(2月〜4月)】雲雀

ヒバリは年中同じ場所に留まる鳥だが、積雪のある地域では冬場は南に移動して、春から夏にかけて飛来する「夏鳥」として知られている。オス・メスともに頭に冠羽(飾り羽)があることが、見た目の特徴。

ヒバリは早春から晩夏にかけての「高鳴き」も特徴のひとつ。「鳥の恋」ともいわれる繁殖期に、オスが縄張りを主張し、メスにアピールするための行動だと考えられている。「高鳴き」をするのは、垂直に急上昇してホバリングをする時と、その後に滑空する時で、俳句ではそれぞれ「揚雲雀」「落雲雀」といわれる。また、雲雀がいる(鳴く)野原のことを「雲雀野」と呼ぶ。

その年に初めて見る(聞く)雲雀のことを「初雲雀」という。

夕方の雲雀は「夕雲雀」。


【雲雀(上五)】
雲雀より空にやすらふ峠哉 松尾芭蕉
ひばり鳴け母は欺きやすきゆゑ 寺田京子
雲雀には穴のやうなる潦 岩淵喜代子

【雲雀(中七)】
密教の山へ雲雀を捨てにゆく 柿本多映
ブリトーと雲雀の季節切手買う 佐藤智子

【雲雀(下五)】
青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ

【その他の季語と】
村芝居雲雀流れて上にあり 鈴木花蓑


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】嚏(嚔)
  2. 【夏の季語】梅雨入
  3. 【冬の季語】クリスマスツリー
  4. 【冬の季語】水仙
  5. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  6. 【春の季語】春の灯
  7. 【秋の季語】鵙の贄
  8. 【冬の季語】鬼やらう

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  2. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
  3. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  4. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  5. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  6. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  7. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  9. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  10. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何

Pickup記事

  1. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  2. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  3. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  4. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  5. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  6. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  7. 【春の季語】三椏の花
  8. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  9. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  10. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
PAGE TOP