季語・歳時記

【秋の季語】山椒の実

【秋の季語=初秋(8月)】山椒の実

【解説】

山椒は、ミカン科サンショウ属の落葉低木。

4〜5月ごろに開花しそのあと雌株が実をつけます。

1年のうち、6〜7月ごろにしか出会えない山椒の実。

スーパーで見つけたら必ず購入!

ピリッとした辛味が癖になります。

山椒をつかみ込んだる小なべかな 一茶

という句も昔はありますが、季語としては、「山椒」だけでは季語にはならないので要注意。

というのも「切山椒」は新年の季語、「山椒の芽」「山椒の皮」「山椒の皮剥ぐ」「山椒味噌」「山椒和」は春の季語、「山椒の花」「花山椒」「青山椒」は夏の季語、「山椒の実」「実山椒」は秋の季語となっている(のでわかりにくい)ため。

時期的には夏の季語でもよさそうな「山椒の実」ですが、「実」の収穫のイメージもあるせいか、「秋の季語」(とはいえ初秋)として一般的には使われています。

ほかのバリエーションに「実山椒」「はじかみ」「蜀椒」など。


【山椒の実(上五)】

山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子
山椒の実噛む和紙の里けがれなき 伊藤亨子
山椒の実雨後の日射しにはじけけり 山田節子
山椒の実がりりと噛みて夜勤へと 小早川忠義

【山椒の実(中七)】

癒えゆくや山椒の実の口ひびき 上野さち子

【山椒の実(下五)】

観音にまみゆる前の山椒の実 森澄雄
熟年をいつ過ぎたるか山椒の実 豊田臥雲
短くて猿のしつぽや山椒の実 クズウジュンイチ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】狐
  2. 【夏の季語】蝸牛
  3. 【春の季語】鶯餅
  4. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  5. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  6. 【冬の季語】冬の猫
  7. 【秋の季語】九月
  8. 【冬の季語】十二月

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】梟
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  3. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  5. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  6. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【2月20日締切】
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  9. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳

Pickup記事

  1. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  2. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  5. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  6. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  7. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  9. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  10. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
PAGE TOP