季語・歳時記

【秋の季語】山椒の実

【秋の季語=初秋(8月)】山椒の実

【解説】

山椒は、ミカン科サンショウ属の落葉低木。

4〜5月ごろに開花しそのあと雌株が実をつけます。

1年のうち、6〜7月ごろにしか出会えない山椒の実。

スーパーで見つけたら必ず購入!

ピリッとした辛味が癖になります。

山椒をつかみ込んだる小なべかな 一茶

という句も昔はありますが、季語としては、「山椒」だけでは季語にはならないので要注意。

というのも「切山椒」は新年の季語、「山椒の芽」「山椒の皮」「山椒の皮剥ぐ」「山椒味噌」「山椒和」は春の季語、「山椒の花」「花山椒」「青山椒」は夏の季語、「山椒の実」「実山椒」は秋の季語となっている(のでわかりにくい)ため。

時期的には夏の季語でもよさそうな「山椒の実」ですが、「実」の収穫のイメージもあるせいか、「秋の季語」(とはいえ初秋)として一般的には使われています。

ほかのバリエーションに「実山椒」「はじかみ」「蜀椒」など。


【山椒の実(上五)】

山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子
山椒の実噛む和紙の里けがれなき 伊藤亨子
山椒の実雨後の日射しにはじけけり 山田節子
山椒の実がりりと噛みて夜勤へと 小早川忠義

【山椒の実(中七)】

癒えゆくや山椒の実の口ひびき 上野さち子

【山椒の実(下五)】

観音にまみゆる前の山椒の実 森澄雄
熟年をいつ過ぎたるか山椒の実 豊田臥雲
短くて猿のしつぽや山椒の実 クズウジュンイチ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】ソーダ水
  2. 【冬の季語】熊穴に入る
  3. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  4. 【春の季語】立春
  5. 【冬の季語】雪折
  6. 【冬の季語】綿虫
  7. 【冬の季語】クリスマスカード
  8. 【夏の季語】昼寝

おすすめ記事

  1. 【春の季語】花粉症
  2. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  3. 【秋の季語】秋刀魚
  4. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  5. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  6. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  7. 【冬の季語】クリスマスツリー
  8. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也
  9. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅

Pickup記事

  1. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  2. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  3. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  4. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  6. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  7. 【第25回】新しい短歌をさがして/服部崇
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  9. 【冬の季語】聖夜劇
  10. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
PAGE TOP