冬の季語

【冬の季語】日脚伸ぶ

【冬の季語=晩冬(1月)】日脚伸ぶ

一年で明るい時間が最も短いのが「冬至」です。

したがって新年を迎えると間もなく、少しずつ日が長くなることが実感されてゆきます。

一月も終わりになれば、暦の上での「立春」はもうすぐそこ。

冬木の芽」もしだいにふくらんでいき、「春を待つ」心持ちもおのずと強まってきます。


【日脚伸ぶ(上五)】
日脚伸ぶ夕空紺をとりもどし 皆吉爽雨
日脚伸ぶ電車の中を人歩き 神蔵 器
日脚伸ぶ夫婦別なることをして 高木晴子
日脚伸びつゝ酷寒の大地あり 高木晴子
日脚伸ぶどこかゆるみし心あり 稲畑汀子
日脚伸ぶ卓に就職情報誌 山本ふく子
日脚伸ぶとは護美箱の中までも 坊城俊樹
日脚伸ぶ幹の裏より蔓のぼり 飯野きよ子

【日脚伸ぶ(中七)】
手枕や日脚伸びたる越のくに  角川照子

【日脚伸ぶ(下五)】
狂人にも狡き日のあり日脚伸ぶ 中村草田男
かくし湯のぬる湯にひとり日脚のぶ 中村苑子
探し得し古書ふところに日脚伸ぶ  大橋宵火
カレンダーを自分で作り日脚伸ぶ 加倉井秋を
留守の家に目覚ましの音日脚伸ぶ 大島英昭
帰りには膨らむ鞄日脚伸ぶ 岡田耕治
水槽に動く砂粒日脚伸ぶ ふけとしこ
文鳥に妻を娶らせ日脚伸ぶ 藤田直子
鳥はひかり人は影曳き日脚伸ぶ 岩崎喜美子
爪立ちて探す本あり日脚伸ぶ 森宮保子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】九月
  2. 【新年の季語】繭玉
  3. 【夏の季語】水着
  4. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  5. 【秋の季語】曼珠沙華
  6. 【秋の季語】天の川
  7. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  8. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  2. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  3. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  4. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄
  7. 【冬の季語】蓮根掘る
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  10. 【馬の俳句】

Pickup記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  2. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  4. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  5. 【秋の季語】新蕎麦
  6. 【春の季語】落椿
  7. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  8. 【春の季語】鳥の妻恋
  9. 【春の季語】春野
  10. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】
PAGE TOP