季語・歳時記

【秋の季語】長薯/薯蕷

【秋の季語(三秋=8月〜10月)】長薯/薯蕷

【解説】山野に自生する自然薯(ヤマノイモ)の流通が少ないのに対し、長芋はスーパーでもかんたんに入手可能です。自然薯は粘りが強いので、とろろにするとおいしいですが、長芋は水分が多く粘りも少なめなので、千切りにして醤油や鰹節をかけて食べると美味しいですよね。

*「いも」と読む漢字は、主に「芋」「薯」「藷」の三つがあります。このうち、「芋」だけが常用漢字ですので、一般的には「ナガイモ」は「長芋」と書かれますが、「芋」という漢字はイモ類のなかでも里芋をあらわす漢字であるために、ヤマノイモ(自然薯)をあらわす「薯」や「藷」を俳句では用いるほうがよいのかもしれません。「藷」はもともとサトウキビをあらわし、イモ類のなかではサツマイモ(甘藷)をあらわすこともありますが、同時にヤマノイモ(自然薯)にも用いられます。「薯」は、ヤマノイモ(自然薯)をあらわす字ですが、ジャガイモ(馬鈴薯)をあらわすこともあります。厳密に漢字とイモが一対一対応しているわけではないですが、「長芋」の場合は、歳時記などでは「芋」の字を避ける傾向が強いようです。

【関連季語】馬鈴薯、甘薯、自然薯、とろろ汁、むかごなど。


【長薯】
長薯を掘るや鋤鍬使ひ分け 永松西瓜
長薯に長寿の髭の如きもの 辻田克巳
憂鬱の長薯はわが兄なりき 四ツ谷龍

【薯蕷】
薯蕷掘つて入日に土の香寒し 高田蝶衣

【瀞芋】
へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. 【新年の季語】小正月
  3. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  4. 【冬の季語】室の花
  5. 【冬の季語】風邪
  6. 【冬の季語】探梅行
  7. 【新年の季語】獅子舞
  8. 【春の季語】愛の日

おすすめ記事

  1. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  2. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  3. 【#46】大学の猫と留学生
  4. 【夏の季語】母の日
  5. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  6. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  7. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  8. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  9. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  10. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  3. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  4. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  5. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  6. 【夏の季語】涼しさ
  7. 【冬の季語】水洟
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  10. 手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸【季語=走り蕎麦(秋)】
PAGE TOP