冬の季語

【冬の季語】師走

【冬の季語=仲冬(12月)】師走

【ミニ解説】

もともとは陰暦12月の異称だが、陽暦でも使われる。

忘年会」シーズンでもあり、「数へ日」ともなれば、「師」でなくともあわただしく。

歴史的仮名遣いでは「しはす」。

極月」ともいう。


【師走(上五)】
師走来る結婚記念日携へて 小澤克己
師走には少し間のある串団子 池田澄子
師走の駅に踏まれ続けてゐるマスク 木暮陶句郎

【師走(中七)】
月白き師走は子路が寝覚かな 芭蕉
雪と雪今宵師走の名月か 芭蕉
何に此師走の市へ行烏 芭蕉
けだものの肉喰ひ師走の町に出づ 福田蓼汀
川痩せて師走の町を流れたり 相馬遷子
外湯出てすぐに師走の山仕事 大島民郎
坐しをれば師走の心遠のきぬ 阿部みどり女
ボブ・マーリー聴いて師走の象の鼻 柳生正名

【師走(下五)】
銭湯の朝かげきよき師走かな 惟然
耳塚の前ひろびろと師走かな 川端茅舎
大空のあくなく晴れし師走かな 久保田万太郎
家具展に人たかり居る師走哉 赤星水竹居
「雲雀運輸」とは優しき社名飛ぶ師走 田川飛旅子
失いしことば失いしまま師走 楠本憲吉
加ふるに税吏来りぬ酒庫師走 中井余花朗
指ばかり動かしてゐる師走かな 岡田由季
絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】銀漢
  2. 【夏の季語】小満
  3. 【冬の季語】冬の薔薇
  4. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  5. 【春の季語】針供養
  6. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  7. 【夏の季語】紫陽花
  8. 【秋の季語】吾亦紅

おすすめ記事

  1. 【春の季語】涅槃図
  2. 【冬の季語】凍蝶
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  5. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  6. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  8. 【#14】「流れ」について
  9. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  10. 【新年の季語】嫁が君

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  3. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  6. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  7. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  8. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  9. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
PAGE TOP