冬の季語

【冬の季語】師走

【冬の季語=仲冬(12月)】師走

【ミニ解説】

もともとは陰暦12月の異称だが、陽暦でも使われる。

忘年会」シーズンでもあり、「数へ日」ともなれば、「師」でなくともあわただしく。

歴史的仮名遣いでは「しはす」。

極月」ともいう。


【師走(上五)】
師走来る結婚記念日携へて 小澤克己
師走には少し間のある串団子 池田澄子
師走の駅に踏まれ続けてゐるマスク 木暮陶句郎

【師走(中七)】
月白き師走は子路が寝覚かな 芭蕉
雪と雪今宵師走の名月か 芭蕉
何に此師走の市へ行烏 芭蕉
けだものの肉喰ひ師走の町に出づ 福田蓼汀
川痩せて師走の町を流れたり 相馬遷子
外湯出てすぐに師走の山仕事 大島民郎
坐しをれば師走の心遠のきぬ 阿部みどり女
ボブ・マーリー聴いて師走の象の鼻 柳生正名

【師走(下五)】
銭湯の朝かげきよき師走かな 惟然
耳塚の前ひろびろと師走かな 川端茅舎
大空のあくなく晴れし師走かな 久保田万太郎
家具展に人たかり居る師走哉 赤星水竹居
「雲雀運輸」とは優しき社名飛ぶ師走 田川飛旅子
失いしことば失いしまま師走 楠本憲吉
加ふるに税吏来りぬ酒庫師走 中井余花朗
指ばかり動かしてゐる師走かな 岡田由季
絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬の水
  2. 【夏の季語】涼しさ
  3. 【春の季語】春の灯
  4. 【秋の季語】穴惑
  5. 【冬の季語】凩(木枯)
  6. 【春の季語】うららか
  7. 【春の季語】惜春
  8. 【冬の季語】聖菓

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の夜
  2. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  3. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  4. 【夏の季語】玉虫
  5. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  6. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  7. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  8. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  9. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  10. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  2. 【春の季語】花粉症
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  5. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  6. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  7. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  8. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  9. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  10. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
PAGE TOP