季語・歳時記

【秋の季語】赤い羽根

【秋の季語=晩秋(10月)】赤い羽根

赤い羽根をシンボルとする共同募金は、昭和22(1947)年に、市民が主体の民間運動として始まりました。今日では各都道府県に設立された共同募金会が実施主体となって、社会福祉を目的とする様々な事業活動に幅広く配分されるようになっています。

市販の歳時記にはいまだに「毎年10月1日から1か月間、街頭その他で行われる」と書かれていることが多いのですが、運動期間については、厚生労働大臣の告示により、10月1日から翌3月31日までの6か月間とされており、12月については、「歳末たすけあい募金」もあわせて実施しています。


【赤い羽根(上五)】
赤い羽根関所の如く売られおり 布目芳子
赤い羽根失くす不思議を言ひ合へる 岡本眸
赤い羽根つけてどこへも行かぬ母 加倉井秋を
赤い羽根つけシースルーエレベーター 佐藤郁良
赤い羽根濡れないほどの雨の降る 山岸由佳

【赤い羽根(中七)】
待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音

【赤い羽根(下五)】
駅頭の雨滝なせり愛の羽根 水原秋櫻子
背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】歌留多会
  2. 【秋の季語】秋めく
  3. 【秋の季語】銀漢
  4. 【春の季語】春の月
  5. 【冬の季語】豆撒
  6. 【春の季語】初花
  7. 【冬の季語】冬蝶
  8. 【秋の季語】秋高し

おすすめ記事

  1. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  5. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  6. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  7. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  8. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  9. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  10. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】

Pickup記事

  1. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  3. 缶ビールあけて東京ひびきけり 渡辺一二三【季語=缶ビール(夏)】
  4. 【冬の季語】嚏(嚔)
  5. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  6. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  7. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  8. 【新年の季語】宝船
  9. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  10. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
PAGE TOP