季語・歳時記

【春の季語】春雪

【春の季語=三春(2月〜4月)】春雪

春の雪」を漢語的にいう言葉。

暦のうえで「立春」を過ぎた後に降る「」のことである。


【春雪(上五)】
春雪や金閣金を恣 松根東洋城
春雪いくたび切腹で終る色彩映画 三橋鷹女
春雪といふも湖北は深かりき 下村梅子
春雪三日祭の如く過ぎにけり 石田波郷
春雪や兄妹部屋を異にして 安住敦
春雪のゆたかに老躯との距り 品川鈴子
春雪の富士遠からず近からず 細見綾子
春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子
春雪の伊勢路を語り曽良語り 山田弘子
春雪の反乱めける水の上 行方克己
春雪の更地の過去と未来かな 藤咲光正
春雪や村のほとけに朱唇あり 小川軽舟
春雪や極楽にまた泣く母か 今瀬剛一

【春雪(中七)】
疱瘡の児に春雪の川走る 中拓夫
米洗ふ間に春雪の庭となる 三枝正子

【春雪(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】霜柱
  2. 【新年の季語】注連の内
  3. 【冬の季語】冬の川
  4. 【新年の季語】松飾
  5. 【冬の季語】着ぶくれ
  6. 【冬の季語】枯野
  7. 【秋の季語】秋高し
  8. 【夏の季語】ごきぶり

おすすめ記事

  1. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  2. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  4. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  5. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  6. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  7. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  8. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  9. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  10. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

Pickup記事

  1. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  4. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  5. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  6. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  7. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  8. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  10. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】
PAGE TOP