季語・歳時記

【春の季語】春雪

【春の季語=三春(2月〜4月)】春雪

春の雪」を漢語的にいう言葉。

暦のうえで「立春」を過ぎた後に降る「」のことである。


【春雪(上五)】
春雪や金閣金を恣 松根東洋城
春雪いくたび切腹で終る色彩映画 三橋鷹女
春雪といふも湖北は深かりき 下村梅子
春雪三日祭の如く過ぎにけり 石田波郷
春雪や兄妹部屋を異にして 安住敦
春雪のゆたかに老躯との距り 品川鈴子
春雪の富士遠からず近からず 細見綾子
春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子
春雪の伊勢路を語り曽良語り 山田弘子
春雪の反乱めける水の上 行方克己
春雪の更地の過去と未来かな 藤咲光正
春雪や村のほとけに朱唇あり 小川軽舟
春雪や極楽にまた泣く母か 今瀬剛一

【春雪(中七)】
疱瘡の児に春雪の川走る 中拓夫
米洗ふ間に春雪の庭となる 三枝正子

【春雪(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春雷
  2. 【冬の季語】古暦
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 【冬の季語】節分
  5. 【冬の季語】クリスマス
  6. 【冬の季語】大晦日
  7. 【春の季語】素魚
  8. 【夏の季語】出梅

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】実南天
  2. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  3. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  4. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  5. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  7. 【新年の季語】松七日
  8. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  10. 【冬の季語】白菜

Pickup記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  3. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  4. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  5. 【冬の季語】小六月
  6. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  7. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  8. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  9. 【冬の季語】咳く
  10. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
PAGE TOP