冬の季語

【冬の季語】凍る

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】凍る

【ミニ解説】

寒くなって水が凍ること。「氷る」という漢字を当てることもある。

「地始凍」(ちはじめてこおる)は、七十二候のひとつで、11/12~11/16ごろ。

「凍つ」(凍てる)もまた冬の季語。


【凍る(上五)】
氷る夜の文殊に燭をたてまつる 川端茅舎
凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎

【凍る(中七)】
徒に凍る硯の水悲し 寺田寅彦
上流や凍るは岩を押すかたち ふけとしこ

【凍る(下五)】
易水に鳥の屍またぐ凍りをり 能村登四郎
流れたき形に水の凍りけり 髙田正子
球体関節人形可動範囲無限や海氷る 川上弘美


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】鬼やらう
  2. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  3. 【秋の季語】秋蝶
  4. 【秋の季語】小鳥来る
  5. 【冬の季語】蕪
  6. 【夏の季語】涼しさ
  7. 【新年の季語】七種(七草)
  8. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】シャワー
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  3. 【冬の季語】白息
  4. 【夏の季語】海の日
  5. 【春の季語】初桜
  6. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  7. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  8. 【新年の季語】春の七種(七草)
  9. 【冬の季語】枯木立
  10. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  4. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  5. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  6. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  7. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  8. 【春の季語】葱坊主
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  10. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
PAGE TOP