季語・歳時記

【春の季語】雛あられ

【春の季語=仲春(3月)】雛あられ

雛祭」で食べるあられ。由来は、はっきりとしておらず、貴族がやっていた「ひいな遊び」で食べていた(「菱餅」を砕いて煎った)おかきから派生した説、米を煎った縁起物説、お釈迦様の命日のお供え菓子がもとになった説などがある。


【雛あられ(上五)】
雛あられ病父とつまみこぼれ易し 岡本眸
雛あられ父の無口にたれも似ず 正木ゆう子
雛あられ入れたる柩かと思ふ 岸本尚毅

【雛あられ(中七)】
たとうれば子規雛あられ虚子だんご 金子兜太

【雛あられ(下五)】
菜の花の黄をまじへけり雛あられ 久保田万太郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  2. 【冬の季語】古暦
  3. 【冬の季語】師走
  4. 【冬の季語】愛日
  5. 【冬の季語】鬼やらう
  6. 【春の季語】木の根明く
  7. 【春の季語】冴返る
  8. 【春の季語】恋猫

おすすめ記事

  1. 【春の季語】早春
  2. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  3. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  4. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  5. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】
  6. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  8. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  9. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  10. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  3. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  4. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  5. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  8. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  9. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  10. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
PAGE TOP