季語・歳時記

【春の季語】雛あられ

【春の季語=仲春(3月)】雛あられ

雛祭」で食べるあられ。由来は、はっきりとしておらず、貴族がやっていた「ひいな遊び」で食べていた(「菱餅」を砕いて煎った)おかきから派生した説、米を煎った縁起物説、お釈迦様の命日のお供え菓子がもとになった説などがある。


【雛あられ(上五)】
雛あられ病父とつまみこぼれ易し 岡本眸
雛あられ父の無口にたれも似ず 正木ゆう子
雛あられ入れたる柩かと思ふ 岸本尚毅

【雛あられ(中七)】
たとうれば子規雛あられ虚子だんご 金子兜太

【雛あられ(下五)】
菜の花の黄をまじへけり雛あられ 久保田万太郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマスカード
  2. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  3. 【新年の季語】読初
  4. 【秋の季語】九月
  5. 【春の季語】白椿
  6. 【新年の季語】成人の日
  7. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  8. 【秋の季語】良夜

おすすめ記事

  1. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  2. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  4. 【新年の季語】七種(七草)
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  7. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  9. 【夏の季語】父の日
  10. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】

Pickup記事

  1. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
  2. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  6. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  7. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  8. 【夏の季語】小満
  9. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】
  10. 【冬の季語】毛糸玉
PAGE TOP