冬の季語

【冬の季語】襟巻

【冬の季語=三冬(11〜1月)】襟巻

【解説】

現代では「マフラー」のことを指しますが、季語としての歴史は「マフラー」よりも古く、「猿蓑」(1691)に以下の句があります。

襟巻に首引入て冬の月 杉風

「襟巻」はもともと、ご隠居の老人や病人限定のアイテムで、手拭いを襟にぐるぐると巻き付けたものだったそうです。

『隅田川雪の情景』歌川国貞 画

【襟巻(上五)】
襟巻に深く埋もれ帰去来(かへんなん) 高濱虚子
襟巻やほのあたたかき花舗のなか 中村汀女
襟巻や畜類に似て人の耳 西島麦南
襟巻の人の中なる戦災者 石塚友二
襟巻に溺れし首の晩年か 鈴木竜骨
襟巻や老のおとがひたくましく 百合山羽公
襟巻となりて獣のまた集ふ 野口る理

【襟巻(中七)】
明眸や藍襟巻の一抹に 島村元
手袋をとり襟巻はそのままに 星野立子
霧ひらく赤襟巻のわが行けば 西東三鬼
肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎

【襟巻(下五)】
煙草買ふだけの外出(そとで)の襟巻して 安住敦
失望の果の安堵の襟巻ぬくし 油布五線


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】小春日
  2. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  3. 【冬の季語】冬の月
  4. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  5. 【冬の季語】寒晴
  6. 【秋の季語】後の月
  7. 【秋の季語】松茸
  8. 【春の季語】紅梅

おすすめ記事

  1. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  2. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  3. 【新年の季語】注連の内
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  5. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  6. 【新年の季語】初厨
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  8. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  9. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  10. 【冬の季語】待春

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  2. 【新年の季語】松納
  3. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  4. 【新年の季語】初夢
  5. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  6. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年3・4月分】
  9. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  10. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
PAGE TOP