冬の季語

【冬の季語】冬の日

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬の日

ひとつには、冬の一日のこと。日が短く、夕暮れも早い冬の日は、どこか頼りなく詫びしい。

もうひとつには、冬の日差のこと。気温低いながらも差し込む光は、とてもまばゆい。「冬日」とも。


【冬の日(上五)】
冬の日や馬上に氷る影法師 芭蕉
冬の日や障子をかする竹の影 芥川龍之介
冬の日や象の病気をみておわる 宇多喜代子
冬の日のいちばん底にゐるつもり 糸屋和恵
冬の日や縁の下まで箒の目 長谷川櫂

【冬の日(中七)】
六畳の奥迄冬の日ざしかな 正岡子規
山寺や冬の日残る海の上 夏目漱石

【冬の日(下五)】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】白菜
  2. 【夏の季語】涼しさ
  3. 【春の季語】朧夜
  4. 【春の季語】春灯
  5. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  6. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  7. 【冬の季語】嚏(嚔)
  8. 【春の季語】啄木忌

おすすめ記事

  1. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  4. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  5. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  8. 【冬の季語】冬の蝶
  9. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  10. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】

Pickup記事

  1. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  2. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  3. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  4. 【冬の季語】風花
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  6. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  7. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  8. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  9. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  10. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
PAGE TOP