冬の季語

【冬の季語】冬の日

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬の日

ひとつには、冬の一日のこと。日が短く、夕暮れも早い冬の日は、どこか頼りなく詫びしい。

もうひとつには、冬の日差のこと。気温低いながらも差し込む光は、とてもまばゆい。「冬日」とも。


【冬の日(上五)】
冬の日や馬上に氷る影法師 芭蕉
冬の日や障子をかする竹の影 芥川龍之介
冬の日や象の病気をみておわる 宇多喜代子
冬の日のいちばん底にゐるつもり 糸屋和恵
冬の日や縁の下まで箒の目 長谷川櫂

【冬の日(中七)】
六畳の奥迄冬の日ざしかな 正岡子規
山寺や冬の日残る海の上 夏目漱石

【冬の日(下五)】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】沙翁忌
  2. 【夏の季語】父の日
  3. 【冬の季語】人参
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 【春の季語】菜種梅雨
  6. 【夏の季語】梅雨明
  7. 【秋の季語】椎茸
  8. 【新年の季語】成人の日

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  2. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  3. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  4. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  5. 【冬の季語】火事
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  7. 【冬の季語】枯野
  8. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  9. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  10. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  2. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  3. 【冬の季語】ストーブ
  4. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  5. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  6. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
  7. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  9. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  10. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
PAGE TOP